9月23日放送の「ぐるぐるナインティナイン2時間SP」(日本テレビ系)では、東京五輪・卓球混合ダブルス金メダリストの水谷隼が「グルメチキンレース ゴチになります!」に登場。見事ピタリ賞に輝き、賞金100万円を獲得する場面が見られた。

矢部浩之(ナインティナイン)から東京五輪の感想を聞かれると水谷は、「混合ダブルスの金メダルは、卓球界初の金メダルということで、皆さんが思ってるよりも、獲った自分たちの方が驚いています」とコメントし、矢部が「聞いたところによると、勝負の時はノーパンやと。じゃ今日は?」と聞くと「今日はパンツはいてるんですよね…」と答え、その場に残念な雰囲気が流れると「引退したタイミングが、やっぱ自分がパンツはくタイミングなんで」と名言を残し、周りの出演者は手を叩いて笑った。

和風スパニッシュ料理が楽しめるレストランで、1人2万5000円の設定金額で行われた今回のゴチバトル。最近フォアグラにハマっていると言う水谷は、ゴチバトルで食べられるフォアグラを楽しみにしていると言い「とちぎ和牛フィレとペリゴール産フォアグラのソテー」をオーダー。

増田貴久(NEWS)から「フォアグラとお肉は合うんですか?」と問われると、水谷は「合いますね。メインとメイン。伊藤美誠と水谷隼みたいな」と、金メダルを獲得した自身たちのペアを例えに出し、相性の良さを説明。
■水谷隼「クーラーの風とおんなじくらいの声で」

さらに水谷は「イベリコ豚のソーセージ アホスープ仕立て」、「イベリコ豚のホットドッグ」、「ACオリジナルコーヒーとマスカルポーネのムース」を追加で注文し、計4品でオーダーストップ。

最後の結果発表では、周りの出演者の名前が呼ばれて勝ち抜けていく中、水谷と岡村隆史(ナインティナイン)の2人が最後まで残ってしまい、どちらかが1位でどちらかが最下位(全員分の料理代金を支払う)という状況に。

だがそこは強運の持ち主、水谷は2万5000円という設定金額通りの結果を出し、見事ピタリ賞で100万円を獲得した。「本当はもう1品頼もうと思ってたんですけど、ノブ(千鳥)さんがボソボソ言ってたんですよね。なんかクーラーの風とおんなじくらいの声で、『いや〜あれ1位(ナンバーワンメニュー)高そうだな高そうだな』って。ぶつくさ言ってんですよ。それでちょっと(もう1品は)やめとこうかなってブレーキがかかりましたね」と、ノブの呟きで思いとどまり、ピタリ賞(100万円)を獲得することができたと語った。

するとノブは「確かに前回ピタリ(賞)取ったのって、引退宣言したときの内田篤人さんですよね。だからゴチは退職金くれるんすよ」と、東京五輪で引退した水谷への退職金だと言い、笑いを誘っていた。

次回の「ぐるぐるナインティナイン」は10月7日(木)夜7:00より、俳優の「岡田准一&鈴木亮平」を迎えて、「私服ゴチ&新企画 2時間SP」を放送予定。