Kis-My-Ft2が「三次元マスク」のCMキャラクターに起用され、新テレビCMを制作。10月1日(金)より「お勉強」篇(15秒)が全国でオンエア開始する。同CMでは、Kis-My-Ft2のメンバーが「三次元マスク」への理解を深めようと、研究員として一堂に会し、「三次元マスク」の特長を学んでいく様子が劇中劇のような展開で描かれる。

■撮影現場では…

講義が淡々と続き、このままCMが終了することを告げられてKis-My-Ft2全員で驚く場面は、今作の中でもストーリーが大きく転換する大事なシーン。それだけに、メンバーも気合いが入っている様子。

監督からの「思い思いにかなり驚いてみてください」の指示のもと、「えええーーー!!!」と大きな声を出したり、頭をかかえたり、大きくのけ反ったり、それぞれに個性的な「驚き」を表現していた。

その中でもメンバーの間で話題だったのが二階堂高嗣の表現。目を大きく見開き、半身を乗り出しながら驚く様子に、メンバーも大絶賛。隣席だった宮田俊哉から「動きがコミカル!」と称された二階堂の表現を始め、7人7様の「驚き」表現はCMの見どころとなっている。

■7人7様の個性的な回答がズラリ!

研究員役として白衣姿で登場したKis-My-Ft2に「これから研究したいこと、勉強したいことはありますか?」とスタッフが質問。

「冷凍からあげに、何をちょい足ししたらおいしくなるのかを研究しています」(宮田)、「(スイカを始めとした)フルーツの切り方を勉強しています」(千賀健永)、「(しゃぶしゃぶをする時の)ごまだれの調合を研究していきたいなと思います」(北山宏光)、「(海外ドラマを観たのをきっかけに)異文化についてもっと知りたいなと思いました」(玉森裕太)、「お味噌ですね。料理によって合うお味噌の知識などを勉強したいです」(藤ヶ谷太輔)、「キャンプでテントを張る時に必要となるロープワーク」(二階堂)と、それぞれ個性的な回答を披露。

最後に「眼鏡のレンズが汚れない研究をしています」と答えた横尾渉は、眼鏡が曇ったり、砂埃が付かないようになど、さまざまな工夫を行っているという。そんな横尾は続けて、「でも発見しました。三次元マスクはくもりません!」と、「三次元マスク」の特長を、メンバーの中で最も実感している様子だった。

■CMストーリー

「三次元マスク」への理解を深めようと、研究室に集まったKis-My-Ft2のメンバー。講義が始まるとスライドを用いて分かりやすく解説されていく「三次元マスク」の特長を、熱心にノートへと書き写す。

一方、淡々と進む講義の最中、発言を求めて手を挙げた玉森。ここまでKis-My-Ft2のメンバーが誰ひとりとして発言していないことから、「あれ、このままCM終わっちゃいます?」と、おそるおそる質問を投げかける。

ひと呼吸おいた後に発せられた「はい」の返事に、「えええーーー!!!」とのけ反るほど大きく驚くメンバー。気を取り直して「商品名だけ言わせてもらおう」と、藤ヶ谷が持ちかけると、早速みんなでマスクを着け「三次元マスク!」と声をそろえ、ポージングもバッチリと決まり、CMキャラクターとしての役目をしっかりと果たす。