10月11日(月)にスタートする濱田岳主演ドラマ「じゃない方の彼女」(毎週月曜夜11:06-11:55、テレビ東京系)の主題歌がThinking Dogsの「エキストラ」に決定した。同ドラマは、どこにでもいる普通に幸せな人生を送ってきた男性にスポットライトを当て、妻と妻“じゃない方の彼女”とのはざまで右往左往する姿をコミカルに描いた不倫コメディー。また、主題歌とともに流れるオープニング映像のスペシャルカットも公開された。

主題歌を歌うThinking Dogsは、2014年にデビューして以来、人気アニメ「NARUTO -ナルト- 疾風伝」(テレビ東京系ほか)のエンディングテーマやドラマ「映像研には手を出すな!」(MBS)の主題歌など、数々のテーマ曲を担当した人気急上昇中の4人組バンド。そんなバンドが歌う「エキストラ」は、ポップでつい口ずさんでしまうリズミカルな楽曲に仕上がっている。

また、オープニング映像では、濱田、山下美月、豊田裕大、山崎樹範、小西真奈美が70年代感が漂うレトロなセットで一度は袖を通してみたくなるおしゃれな衣装に身を包み、「じゃない方ダンス」を披露する。

■Thinking Dogsコメント

――番組の主題歌担当が決定した時の感想をお聞かせください。

ちょうどThinking Dogsが楽曲制作に集中しているタイミングにお話をいただきましたので、すてきな巡り合わせだと感じましたし、本当にうれしく思いました。

――曲の中で注目してほしい部分がございましたら、お聞かせください。

どこか引っ込み思案な女性の、あふれ出してしまう恋心や本心を描いた歌詞と、それを支える楽曲全体の前向きなリズムがすごく良いバランスに仕上がったと思っています。またドラマのオープニングでは、出演者の方々が曲に合わせダンスを踊っています。ぜひ皆さんもダンスを覚え、一緒にお楽しみください。

――主題歌を担当するにあたっての意気込みをお聞かせください。

ドラマのタイトルにもある「じゃない方」というテーマと、ダンス曲というお題をいただきましたが、ダンス曲が僕らとしては新たなチャレンジでしたので、試行錯誤を重ね、何度も修正を重ね完成した曲です。皆さんにどう感じていただけるのか楽しみにしています。

――視聴者のみなさんへ、メッセージをお願いいたします。

主題歌という形でこの作品に携われた事を光栄に思います。世の中が大変もどかしい状況にありますが、そんな中でも皆さんが前向きな気持ちになれたり笑顔になれたら...という思いが、なによりも楽曲制作の中心にありました。ドラマと一緒に、より多くの方に聴いていただきたいです。