アイドルグループ・超ときめき宣伝部(※1、以下“とき宣”)が9月29日(水)にミニアルバム『すきすきすきすきすきすきっ!』をリリース。今作には、日本だけでなく韓国でもTikTokでブームになった「すきっ!」の新録バージョンや、SILENT SIRENのすぅが作詞した「ラヴなのっ」(※2)など全6曲が収録される。

今回はとき宣の6人にインタビューを行い、収録楽曲のレコーディングの様子や新録楽曲のオリジナルから変わったところなどを聞いた。

■同世代のファンの増加に「TikTokってすごいなって思いました(笑)」(小泉)

――今回のミニアルバムの1曲目にはTikTokでバズった「すきっ!」(2018年)が「〜超ver〜」として収録されます。

坂井仁香:超ときめき宣伝部になって、今のメンバーで再レコーディングをさせていただきました。バックサウンドが前と全然雰囲気が変わっていて、よりかわいくてポップな印象になっているので、今のとき宣の元気で明るいイメージに合った音源になってるんじゃないかなって思います。

辻野かなみ:私は長いセリフがあって、そこを前はおとなしめの女の子のイメージで言っていたんですけど、今回はアニメに出てくる主人公の女の子みたいなイメージで、もっと強弱をはっきりさせるようにしました。

――MVもまた新しく撮影したんですよね。新MVはどんなコンセプトやテーマになっているんですか?

辻野:今回は“青春”がテーマになっていて、制服衣装とアイドル衣装の2パターンを着させていただきました。今、TikTokでも学生の方がこの曲を使ってくれることが多いので、そういう方たちが見て共感しやすいMVになっているのかなって思います。

――MV撮影中に何か印象的な出来事はありましたか?

菅田愛貴:1サビの終わりのところで、みんなで輪になってスイーツを食べたり、写真を撮ったりしているシーンがあるんですけど、そのスイーツがちょっと固まっていたので、みんなで食べるのを頑張りました(笑)。

坂井:痛まないように凍らせてあったんですよね。かなみんと愛貴ちゃんがチュロスを食べてたんですけど、「撮影始まります」ってカメラが回ったのに、2人共全然食べられてなくて(笑)。

辻野:冷凍庫から出したばっかりだったからね(笑)。

菅田:でもおいしかったです(笑)。

吉川ひより:あと、屋上で撮影したシーンもあって、多分爽やかに映っているかなって思うんですけど、ものすごい強風でした(笑)。みんなヘアメイクさんに髪の毛を小まめに直してもらってました。

坂井:待機してる場所はすっごく風が強くて飛ばされるんじゃないかって思ったんですけど、MVを撮る場所だけ風が弱いところで、風が味方してくれました。

――杏さんと小泉さんはいかがですか?

杏ジュリア:この「すきっ!」が、私がとき宣の曲の中で初めて聞いて、初めてMVを見た曲だったので(※3)、最近になってTikTokでバズったのも運命なんじゃないかなって思ったし、こうやってミニアルバムのリード曲としてMVをまた撮ったりして、いろんな方に知っていただけてうれしいなって思っています。

小泉遥香:私たちはグループを結成して7年目になって、たくさんライブなどをさせていただいて宣伝部員(※4)さんも増えてくださったんですけど、ここまで急に私たちと同世代の方に知ってもらうって機会はなかなかなかったので、TikTokってすごいなって思いました(笑)。

私たちはオンラインイベントをやってるんですけど、「すきっ!」で知ってライブに行きましたとか、YouTubeでライブ映像を見てファンになりましたとかって話も多くて。SNSやYouTubeが自分たちを知ってもらうきっかけになってうれしいです。

「すきっ!」もすごくたくさんの方に知っていただきましたし、実際にライブで「すきっ!」をやると会場の熱量が一気に上がるんですよ。それもすごいなと思って。今までにはない感じがして、私自身も楽しませてもらってます。

■「超ステップアップ」は「等身大の今の私たちを表現している曲」(杏)

――2曲目の「むてきのうた」も新たに「〜2021ver〜」として収録されますよね。

辻野:元々は初期の頃の曲なので、愛貴ちゃんとジュリアの声が加わったところが一番変わったポイントかなと思います(※5)。

あと、また私のセリフの話になっちゃうんですけど、最後に「もっともっと高くー!」ってセリフがあるんですけど、そこを今まで出したことないくらい大きい声でレコーディングしたのが、個人的には一番大きな変化かなと思います。

――名前の挙がったお二人は、この曲のレコーディングはいかがでしたか?

菅田:私が加入する前からある曲だから、新しくレコーディングできたことがうれしかったし、もっと無敵になれるように、これからももっと力強く歌いたいなって思いました。

杏:この「むてきのうた」はライブでも盛り上がるし、披露することも多かったのでレコーディングしやすかったというか、いつも初めての曲をレコーディングする時は、雰囲気とかを自分で想像しながらやるんですけど、今回はライブで歌っているところを明確に想像できたので歌いやすかったです。

サビを丸々歌ったんですけど、サビで自分の声しか聞こえてこないっていうのがすごく新鮮で楽しかったなっていうのと、出来上がった音源を聞いた時に、出だしからすごくみんなの歌い方が変わっているなって思いました。

大人っぽくなったというか、より力強くなって、歌声にも団結力が出ている気がして、そういう変化を感じて聞いててうれしくなりました。

――SILENT SIRENのすぅさん作詞曲の「ラヴなのっ」も今作の注目ポイントだと思うんですが、まずはかねてからのファンだったという辻野さんに感想をお聞きしたいと思います。

辻野:仮歌の音源がすぅさんの声だったんですよ。もうそこからときめいて、かわいくて、これを私たちが歌っていいのかな、これをこのまま発売できるんじゃないかなって気持ちになっちゃいました(笑)。

私たちが今持ってる最大限のかわいさを出せるように、レコーディングさせてもらったんですけど、どの歌詞を切り取ってもかわいくて、そのままセリフとして言っても胸がキュンとするし、すぅさんがカメラワークまで考えて、ライブをイメージして歌詞を作ってくださった曲だからライブ映えもするし。

アピールポイントもたくさんあるので、ファンの方も見ていて、それぞれのメンバーのかわいいところをより見つけやすい曲になってるんじゃないかなって思います。

――菅田さんと吉川さんはYouTubeの「超ときめき宣伝部 OFFICIAL Channel」ですぅさんにインタビューをしていましたよね。

菅田:本当にかわいかったです。

吉川:いい匂いがしました(笑)。

菅田:インタビューでもお話しさせていただいたんですけど、作詞してもらうことが決まる前から私たちのことを知ってくださっていたみたいで。歌詞も「この子たちにはこの歌詞がいいかな」みたいに考えてくださっていて、それがすごくうれしくて、口角がずっと上がりっぱなしでした。

吉川:すぅさんが曲を書いてくださった時のことをインタビューで直接聞かせていただいたので、もっと大切に歌いたいなって思いました。

みんなに“好き”っていう気持ちを伝えるのに“ラヴ”っていう言葉を使うのも、私たちにとっては新しいなって思ったので、“ラヴ”って気持ちをもっともっとライブで伝えたいなって思いました。

坂井:私も、直接お会いはできなかったんですけど、すぅさんが「ここはかわいく歌ってね」とか、どういうふうに歌ったらいいのかを歌詞カードに書いてくれていたんです。

自分で仮歌を聞いた時に「ここはこういうふうに歌おう」とかシミュレーションをするんですけど、そのアドバイスをレコーディングの前に見て、ここでこういう表現をしたらかわいいんだっていう歌い方を知れました。詞を作ってくれた方にアドバイスをもらえたのがすごくうれしかったです。

――あと、今作にはグループ名と同じ“超”が付く「超ステップアップ」という楽曲も収録されますが、これはどんな曲なんでしょうか。

杏:「超ステップアップ」は今までのとき宣にはなかったような、ラップパートだったり、和テイストのメロディーだったり、1曲の中にいろんなメロディーが詰まっている曲です。

歌詞も、超とき宣としての初めてのアリーナライブでひよりん(吉川)が言った「アイドルって本当に楽しいんです」っていう言葉が反映されていたり、熱さとか、もっと上に行くんだっていう気持ちだったりとか、等身大の今の私たちを表現している曲だなと思っています。

初めてライブでやった後、宣伝部員さんに新曲の中で何が一番良かった?って聞いたんですけど、この曲が好きだって言ってくれる人が多かったので、今後ライブでもっともっと盛り上がる曲になるんじゃないかなって思っています。

小泉:ジュリアが全部言ってくれた感じがするんですけど(笑)。1曲の中に5曲分くらいの要素が入っていて、私も今までにはなかった和テイストのメロディーで歌っていたりします。

歌っていてもすごく楽しくて、ライブが終わった後にスタッフさんから「『超ステップアップ』を歌っている時が一番楽しそうな顔してたね」って言われたり、自然とニコニコできるというか、宣伝部員さんも聞いてて自然とノっていただける、楽しい気持ちになっていただける曲なのかなって思います。

■とき宣で一番おしゃれなメンバーは…?

――今作の初回限定盤の特典には“ファッションブック”が付きますが、これはどんなアイテムになっているんでしょうか。

坂井:ファッションブランドさんやイラストレーターさんとコラボさせていただいたんですけど、ジャケ写でコラボさせていただいたのは初めてでした。

最近はありがたいことに、ファッションブランドさんとコラボさせていただくことが多くて、今回は2つのブランドさんとコラボさせていただきました。

どれもとってもとってもかわいくて。アイドル衣装とはまた違った私たちを見てもらえるなって思うし、特にmerry jennyさんは今回、お花がテーマになった衣装になっていて、いつもの私たちはキャピキャピしててかわいい!って感じの衣装を着ることが多いんですけど、今回は大人レトロっぽい感じで。

メンバーみんながアンニュイな表情をしていて、同じ人?ってくらい全然違う雰囲気になっているので(笑)、いつもと違う私たちをみんなに楽しんでもらえるんじゃないかなって思います。

IMADA MARKETさんとのコラボは、着た瞬間みんなガラッと雰囲気が変わりました。ちょっと大人っぽさが出て、ちょっとカッコいいけどかわいい女の子を表現できる服だったのかなって思います。

――ちなみに、メンバーの中で一番おしゃれだと思うのは?

菅田:難しい!

杏:ええ〜!?

辻野:みんなそれぞれ系統が違うんですよね。

坂井:愛貴ちゃんとひよりんはラブリーでフリフリなお洋服を着るし…。

杏:ここの4人(辻野、杏、坂井、小泉)は結構いろんなジャンル着るよね。

辻野:カッコいいのも好きだし。

小泉:この2人(辻野、坂井)はセクシー系とか(笑)。

辻野&坂井:(笑)。

坂井:確かにかなみんと私は系統一緒かもしれない。

辻野:ジュリアはちょっと海外っぽかったり。

菅田:カラフルなトップスとか着てるよね。

辻野:おはる(小泉)はかわいい系だよね。でも2人(菅田、吉川)のかわいいとは違って。

坂井:大人かわいいみたいな感じだよね。

辻野:やっぱり一番を決めるの難しい!(笑)

坂井:前も取材で一番を聞かれたときに決められなかったよね。もしかしたら一番を決めるのが苦手なグループなのかも(苦笑)。


※1:正式表記は「ときめき」と「宣伝部」の間にハートマーク。
※2:曲名の最後にハートマークが正式表記。
※3:「すきっ!」は2018年4月リリースの『ときおとめ』に収録で、杏は同年10月に加入。
※4:超ときめき宣伝部のファンの愛称。
※5:「むてきのうた」は2016年6月リリースで、菅田は2020年4月に加入。