9月26日放送の「それSnow Manにやらせて下さい」(TBS系) では、ゲストにいとうあさこが登場。Snow Manがいとうに向けたプレゼン対決を行った。

いとう求める「白いご飯に合うご飯のお供」を番組収録に欠席した阿部亮平以外の8人がプレゼン。最後にいとうが1位と最下位を決める。

1人目の向井康二は「ラー油きくらげ」。いとうは一目見ただけで「めっちゃ美味しそう」と興奮する。向井は「昔、家族旅行に行ったときに、ホテルの朝食でこれが出たんですよ」と思い出の一品であることを説明。試食したいとうの箸が止まらず、渡辺翔太はこれから他の7品のプレゼンがあるため「あんまり食べ過ぎないでくださいね」と注意する。ラウールが「めっちゃ売れるだろうな、この放送のあと」と予想すると、向井は「CMお待ちしております」とアピールした。

2人目の佐久間大介は「神戸牛使用ぶっかけ生姜」。佐久間は「友達が教えてくれた」と言い、「(ご飯に)のっけた瞬間から記憶飛んでる」とその美味しさを表現する。

■目黒蓮「うますぎて飛ぶ」

3人目の目黒蓮はいくら、あわび、めかぶが入った「三陸海宝漬」。目黒が「結構有名な商品なので知ってる方も多いと思う」と前置きしつつ、「僕が知ったのは2年前くらいのふるさと納税」と紹介。いとうも知っていて売っていると「絶対に買って帰る」と言うが、目黒の薦めるわさびを乗せて、お茶漬けにするという食べ方に興味津々。目黒は「うますぎて飛ぶ」とアピール。試食した岩本照は悩ましい表情をしながら「これは記憶飛ぶ」と認める。

4人目の深澤辰哉はメンマを使った「山の酒盗」。ライブ中に「スタッフさんがこれを冷蔵庫に入れておいてくださって、これがあれば(ご飯が)何杯でも食べれる」と紹介。メンバー全員が知っている味だという。深澤は味の特徴や値段、人気ぶりなどを詳細に説明し、創業者が“メンマ”の名付け親ということまで話す。さらに「メンマに合う」と言い、東山紀之のモノマネまで披露する。

5人目のラウールは「鮭ルイベ漬」。ラウールも「北海道のふるさと納税でもらった」と言う。鮭といくらを使っているためご飯に乗せると「史上最強の親子丼が完成する」とアピールする。

6人目の岩本は「味付けのり」。岩本は「バックの中に味付けのりを仕込ませといて、のりだけ食べるっていうのをやっている」とアピールするが、佐久間は「そのがたいでそんなちょっとしか食べないの?」とツッコミを入れる。誰もが知るような定番の商品だが、それだけに全員が絶賛。岩本は「説明してみんながわかるって言ってくれるのめっちゃうれしい」と喜び、向井も「息子を褒められてる感じな」と共感する。

7人目の渡辺は「山の酒盗」と、深澤と全く同じ商品を紹介。佐久間は「もう見たぞ!」と言い、いとうはスタッフに同じ商品であることを事前に知らせるべきと助言。渡辺も事前にアンケートを書いたときに「被ってるんだったら相談してほしい」と何も言われなかったことを訴える。渡辺は深澤が同じものをプレゼンした際、「心臓がギューってなって」と振り返り、「このディレクションは初めて」と抗議する。

さらに渡辺は愛用の化粧水をいとうにプレゼントするが、商品名を明かせないため全体が見えないようにパッケージされた状態で渡す。いとうは「ありがとう」とお礼を言いつつ「パッケージがわからないもの顔につけるって怖くない?」と怯える。渡辺は「ホントに口が悪いんですけど」と断りつつ「全部カメラの向こうの奴らなんですよ」と訴えた。

8人目の宮舘涼太は「黄金いくら」。宮舘は「たくさん調べて、選ばさせていただきました」と説明。鮭ではなくヤマメの卵を使った商品で、試食したいとうは「すごいハリがある」と驚く。

すべての試食を終えたいとうは「どれ1つとて点差がない」と順位をつけるのに悩んだことを明かすが、1位に深澤がプレゼンした「山の酒盗」を選ぶ。いとうは「8人いて2人選んでいるってやっぱりすごいこと」と、渡辺も選んでいたことが大きな理由だったと話す。渡辺は自分も選んでいたため、「渡辺くんの『山の酒盗』ってことでもあるんですか?」と確認。だがいとうは「名前で言わなきゃいけないから」とそこは渡辺ではなく、深澤だと説明。佐久間は「人が選ばれなかった」と渡辺に告げる。

すると最下位には渡辺が選ばれる。いとうはプレゼンが出来なかったことは渡辺のせいではないが「知らねえ小瓶が気持ち悪かった」と、プレゼントがネックだったと告げる。渡辺は「訳がわからない」と混乱した。

次回の「それSnow Manにやらせて下さい」は10月3日(日)昼1:00より放送予定。