連続ドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の続編にして、最終章となる「劇場版 ルパンの娘」(10月15日[金]公開)の主題歌がサカナクションの楽曲「ショック!」に決定し、主題歌特別映像が公開された。なお、サカナクションはドラマに引き続き主題歌を担当し、「ショック!」は同作のために書き下ろされた新曲。サカナクションでボーカルを務める山口一郎からコメントも到着している。

同作は、2015年8月に発売され、各書店の文庫売上1位を獲得しロングセラーとなっている横関大の同名小説が原作。代々泥棒一家である“Lの一族”の娘・三雲華(深田恭子)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の禁断の恋を描いた物語。

ドラマ1作目は2019年7月からスタートし、2020年にはドラマ2作目が放送。真剣に全力でふざけるキャストの好演や、泥棒スーツを身にまとった激しいアクションと独特なポージング、そしてミュージカル演出が話題を呼んだ。

今回解禁された特別映像は、結成15周年を迎えるサカナクションにとって“新たな挑戦”の曲となった楽曲「ショック!」とともにキャラクターたちのさまざまな表情が映し出される映像で、謎の敵“JOKER”と戦う真剣な表情のLの一族や、おなじみのパロディーシーンなども楽しめる。
■サカナクション・山口一郎コメント

ドラマ版で「モス」を採用していただいた流れで、今回の映画化でも主題歌のお話を頂き、とても光栄に思います。

来年結成15年を迎え、自分たちらしさの枠にとらわれず、新しい音楽にチャレンジしたいと思っていた時期に、「劇場版 ルパンの娘」の世界観に合う楽曲とは何かをバンドでディスカッションしながら制作することでとても満足のいく作品を作ることができました。

作品を作るのにはとても難しい状況下で、スタッフ・キャストの皆さんが苦心して作り上げた「劇場版 ルパンの娘」とサカナクションが作った「ショック!」が良い意味での違和感や歪みをもって混ざり合ってくれたらと思います。ぜひ、映画館でお楽しみください。