オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」元練習生のOWVがデビュー1周年を迎え、初のアルバムをリリース。今回は、メンバーたちにアルバムに込めた思いや、注目ポイントなどを聞いた。

■本田「『CHASER』というアルバムは、この1年をともに歩んできた作品」

――デビューから1年。アーティストにとってアルバムを出すということは、夢のひとつだと思いますが、夢がかなったお気持ちは?

本田康祐:こうして周年のタイミングで、1stアルバムを出させてもらえるって、ありがたいですよね。4月の「OWV 1st Anniversary Talk & Live “AWAKE”」でひと足早く、今回のアルバム収録曲「My flow」と「Fifth Season」を披露させていただきましたが、そのころからアルバムを見据えてシングルのリリースを決めたり、曲を作ったり、準備をしていました。

この『CHASER』というアルバムは、僕らの1年の軌跡をテーマに作らせていただきました。僕らの成長とともに制作を進めていただき、この1年をともに歩んできた作品だなとしみじみ感じています。だから、1周年のタイミングで出せるのが、本当に幸せで。たくさんの人にOWVを知ってもらえるいい作品になったと思っています。

――リード曲は、アルバムタイトルと同じく「CHASER」。イントロからドラマチックで、映画『アベンジャーズ』のオープニングみたいな印象を受けました。

本田:そう言ってもらえるのはうれしいです。毎作、僕らから「どんな曲にしたいか」というのを制作スタッフさんと相談させていただくのですが、1曲目は壮大さをテーマに、「映画の始まりのような」というイメージをすごい意識しました。

浦野秀太:うん、まさに、イントロをとても重視しました。

■佐野「表現できる幅が広がっているのを感じる」

――全体的に重々しいムードですが、その中で浦野さんのボーカルが、希望の光のような印象を受けました。

浦野:おー! 僕はサビの前とサビの後という大事なパートを任せていただきましたが、得意なテンポだし、歌いやすい感じだったので、自分の色は結構見せられたと思います。

――本田さん、中川さん、佐野さんは、メロラップ的なパートが多いですね。

佐野文哉:このアルバムでは、「CHASER」含め新曲3曲ともに、ラップパートが多かったです。中性的な歌声と、ラップでのインパクトのある声、2つの使い分けを意識しました。歌うパートも増えてきているので、その分表現できる幅が広がっているのを感じます。

中川勝就:「CHASER」ではローパートが多かったので、リリックに合わせた声色や、抑揚、音馴染みというのを意識したのですが、結構難しかったです。

本田:僕も低いところが多かったんですけど、キリングパートになるところを任せていただいたので、そこは意識しながら歌っています。大変だったのは、英語の歌詞。勝(中川)に英語を教えてもらいながら練習しました。でもここ、大事な意味のある歌詞なので、うん、頑張りました。

■本田「武道館は絶対にかなえたい目標」

――歌詞といえば、いろいろな仕掛けがあるそうですね。

中川:そうなんですよ。どんな仕掛けがあるか、探してみてください!

――その仕掛けのひとつに、「OWV」という文字がタテヨミで入っているということなので、ザテレビジョン恒例のムチャ振り企画です。「OWV=おうぶ」でおいうえお作文を作ってください!

全員:出たー!

佐野:(速攻で)できました! 
「お」=お父さんにも、「う」=うちは、「ぶ」=ぶたれたことないのに!

中川:え、ガンダム? 女性版アムロ?

一同:アハハ(爆笑)!

本田:じゃあ、次は僕が。
「お」=OWVってグループ知ってる? 「う」=「UBA UBA」でデビューしたんだって。「ぶ」=武道館行くらしいよ。

一同:おーーー! パチパチ(拍手)。

浦野:さすが、リーダー! 美しくまとめた!(と言いながら佐野と無限爆笑)

中川:できました! 
(浦野を見ながら)「お」=OWVの、「う」=うるささに、「ぶ」=ブレーキなし!

本田:(笑)今、まさに! (浦野)秀太、最後はプレッシャーだぞ!

浦野:マジでカッコいいのできた。少女漫画みたいなキュン系でいきます! 
(入り込んで、カッコつけながら)
「お」=面白いヤツ、「う」=うるさいこと言ってないで、「ぶ」=無難な俺にしとけよ!

本田:おーーー、良かった。(パチパチ)ハードル超えてきたわ(笑)。

浦野:「目移りせずに、俺にしとけよ」ってことで!

中川:それ、恥ずかしがらずに言えるのがスゴイ。読者の皆さんに音声で聴いていただきたい(笑)。

――名作をありがとうございました(笑)。武道館は、デビューのときに掲げた目標でしたよね。

本田:はい。今はライブをやるのも大変なご時世なので、「いつまでに!」と明言できないのですが、絶対にかなえたい目標。ちょっと待っていてもらえればうれしいなと思います。僕たちも早く「武道館決まりました!」と発表できるように、2年目も頑張ります!

取材・文=坂本ゆかり