A.B.C-Zと三遊亭円楽が共演した森永製菓「板チョコアイス」のキャンペーンムービー「アイス噺家Z篇」が10月4日(月)より公開。
公開される映像には噺家に扮したA.B.C-Zと、メンバーの落語の師匠役として三遊亭円楽が登場。古典落語の名作「まんじゅうこわい」を下敷きに、なぜか「板チョコアイスが怖い」という塚田さんの不思議な言動を巡って、現実と仮想の世界が目まぐるしく交錯する創作小噺を通じて、「板チョコアイス」の魅力を伝えていく。


さらに今回のキャンペーンでは、最近では若い世代にも人気の「落語」と「大喜利」がコラボレーション。六代目三遊亭円楽一門が監修した人工知能師匠“三遊亭AI太郎”が参加者の回答を判定する「板チョコアイス大喜利」も同時開催する。

■WEB動画あらすじ
高座で小噺を披露する円楽師匠。「あるところに一組のアイドルがおりまして...」と切り出すと、話の世界に切り替わり、A.B.C-Zの楽屋の様子が映し出される。河合郁人が「今年も「板チョコアイス」のCMが決まった!」と大喜びしていると、突然叫び声を上げ、「こわいんだ、『板チョコアイス』が...」と一人ブルブルと怯え出す塚田僚一。
「食べた時のパキっとした音」も「ベルギー産のチョコ」も「こわい」と、不思議な言葉を並べ立てる姿を見て、4人はけげんな表情を浮かべるも、「怖い板チョコアイスってどんなやつ?」という橋本良亮の発言をきっかけに、メンバー同士で大喜利がスタートする。
するとそこへいつの間にか円楽が乱入。パチンと指を鳴らすと、舞台が大喜利空間へと切り替わり、円楽の司会で、噺家に扮したA.B.C-Zによる「板チョコアイス大喜利」が幕を開ける。
「こんな『板チョコアイス』は嫌だ」「『板チョコアイス』の新しい食べ方いったいそれは?」という問いかけに、戸塚祥太、五関晃一らも次々と応じるが、円楽の評価はなかなか厳しく、ダメ出しされてばかり。その最中も、相変わらず「『板チョコアイス』こわいよ〜」と耳を塞ぐ塚田にメンバーはある行動を移す…。