「シモネタGP2021」最終回が、ABEMA SPECIAL2チャンネルにて10月1日夜11:00より放送される。

3年ぶりに復活し、9月10日より新番組として放送がスタートした「シモネタGP2021」は、お笑い界やマスコミ界において、「安易」「笑いのレベルが低い」などのレッテルを貼られてしまいがちな“シモネタ”の、あらゆる可能性を肯定し、誰もが思わず笑ってしまうような“シモネタ”を、芸人たちが存分に披露しあう“シモネタ”のお笑いコンテストで、全4回にわたる放送では、大会の進行役にケンドーコバヤシが2018年に開催された第1回、2回大会から続投、アシスタントをグラビアアイドルの橋本梨菜が、チュートリアルの徳井義実、オアシズの大久保佳代子、イジリー岡田、元NMB48でタレントの三田麻央、タレントのぴぐもんの5名が審査員を務める。

これまで3回の放送では、総勢27組の芸人たちによる予選大会が行われ、いよいよ最終回を迎える10月1日の決勝大会にて、予選を勝ち上がった入間国際宣言、オダウエダ、なすなかにし、ニッキューナナ、ハナイチゴ、ラブレターズ、トンツカタン、紺野ぶるま、ルシファー吉岡の全9組が、“シモネタ”を披露した後、審査員5名と観客の投票によって最高評価を獲得したものが、優勝賞金100万円を手にする“第3代目シモネタチャンピオン”となる。

決勝大会のオープニングでは、審査員の大久保が「選ばれし、ハイレベルな“シモネタ”のぶつかりあいなわけですからね、上質な○○を見るような感じになるんじゃないかと期待しちゃいますね」と、自身も“シモネタ”を交えながらコメントすると、徳井は「(出場者の)メンツを見ていたら、(「M-1」や「キングオブコント」のような)そのぐらいの大会になってもおかしくないなという気がしてきました。ふざけた審査はできないな、という気がしています」と身を引き締めるなど、実力派ぞろいのファイナリストたちに、審査員たちはそれぞれ期待感をふくらませる。

コント、漫才、歌ネタ、漫談など、優勝を目指し、ファイナリストたちがくり出す渾身の“シモネタ”で、“シモネタ”界の頂点に立ち、優勝賞金100万円を手にするのはいったいどの芸人なのかを見ることができる。