島崎信長と羽多野渉が出演する、10月3日(日)から放送されるアニメ「さんかく窓の外側は夜」(夜10:00-10:30ほか、TOKYO MXほか)の第1話「出逢」の先行カットとあらすじが公開された。

同作は累計発行部数200万部を突破したヤマシタトモコ原作の同名コミックが原作。霊が見える体質を持つ、主人公の書店員・三角康介と除霊師・冷川理人がひょんなことから心霊探偵バディーを組み、除霊や呪いにまつわる未解決事件の謎を追うホラーミステリー。2021年1月には岡田将生と志尊淳のW主演で実写映画も公開された。

■第1話「出逢」あらすじ

書店で働く一見平凡な青年・三角(CV:島崎)は、実は不気味なモノを見てしまう特異体質の持ち主。

ある日、三角の働く書店に冷川(CV:羽多野)が現れる。「これは、運命の出会いですよ」と語る冷川が行うのは「除霊」だった。

冷川に霊が見える才能を見いだされ、無理やり「除霊」を手伝わされた三角はこれからも一緒に仕事をして欲しいと頼まれてしまう。

※島崎信長の「崎」は正しくは「たつさき」