10月1日に、女性ボーカルグループ・et-アンド-が「Monthly LIVE 2021『RGB』〜#008000_day / night〜」を東京・新宿KEY STUDIOで開催。7月にリリースしたデジタルシングル「#tokyo」など、全11曲を披露した。

11月24日(水)にデビューEP(ミニアルバム)となる『toi et moi(トワエモア)』をリリースすることが決定している彼女たち。夜公演では、そのデビューEPの先行配信として、10月2日に「Newton」が配信されることも明かされた。

また、公演後には囲み取材が行われ、4人が2度目のマンスリーライブの感想や発売を控えているミニアルバムなどについて語った。

■成長できるライブにできたらいいなって思っています(野島)

――今日のライブを終えての感想を教えてください。

モラレスきあら:今回が2回目だったんですけれども、まだ全然慣れてなくて緊張しました。MCも緊張でうまく話したりできなかったけど、やっぱりお客さんの前に立ってパフォーマンスするのが好きなんだな、楽しいんだなってことを実感できました。

野島樺乃:緊張もあったんですけど、2回目だったから、1回目よりはリラックスしてできたなっていうのが今回の感想です。リラックスしてできた分、前回よりファンの方々の目を見られたり、曲に感情を込められたり、基礎を見直して声をよく出せたり、今回のライブの方ができていたかなと思います。これを3回目、4回目とつなげていって、よりレベルアップしていけたらいいなと思いました。

栗本優音:私は1回目が4〜5年ぶりのライブだったので本当にガッチガチだったんですけど、2回目ということで前回よりは緊張も解けて、樺乃も言っていた通り、ファンの方の目を見られたり、メンバーの歌をしっかり聞いて自分の声量を確認したりもできたので、前回より成長できていたライブだったかなと思います。次の11月のライブも、またレベルアップできたらなと思います。

山崎カノン:前回もそうだったんですけど、1時間ちょっとのライブが本当にあっという間で、それくらいとても楽しかったです。みんなも言っていたんですけど、今回はちょっと落ち着いて、リラックスしてできたのでよかったなって思います。

――2回目のマンスリーライブですが、月ごとにテーマがあったりするんでしょうか。

野島:(ライブタイトルの)“RGB”ってカラーコードなんですけど、毎回グリーンだったり、レッドだったり、ブルーだったり、カラーが違うんです。

私たちの最初のアーティスト写真がモノクロで、そこに「色も未来も自由に染めていく」っていうキャッチコピーがあったんですけど、私たち自身が自由に自分たちでいろんな色に染めていけたらいいなって。

このライブを通して、いろんな自分たちの一面に私たち自身も出会って、ファンの方にも気付いていただけて、成長できるライブにできたらいいなって思っています。

■店頭に並ぶということに本当にびっくりしています(モラレス)

――先日発表がありましたが、ミニアルバムのリリースが決まった感想はいかがでしょうか。

モラレス:私は曲がCDとして形になったもの、店頭に並ぶものを出すというのが初めてなので、(自分たちのCDが)店頭に並ぶということに本当にびっくりしています。店頭に並んで、目で見て分かる状態になるのがすごく楽しみです。

野島:デジタルシングルを出してから、ファンの方々から「円盤化してほしい」という声を頂いていたので、こんなに早い段階でミニアルバムを出すことができるということに本当に感謝していますし、私自身も、グループのみんなもびっくりしています。

このアルバムの中にはメンバーが作詞した楽曲も入っていて、私は「BIBIBI」という楽曲の作詞に挑戦したんですけど、これからも新しいことにたくさん挑んでいける自分でありたいし、挑戦する心を忘れない自分でありたいです。

このアルバムはやっぱり“初め”ということで、私たちにとっても一生の思い出として深く残るものになると思いますし、初心を忘れずにいられるようなアルバムにできたらなと思います。

栗本:私は人生初のミニアルバムということで、本当に実感がまだ湧いてないんですけど、お店に私たちの“et-アンド-”というマークとともにCDが並ぶっていうのは本当にうれしいですし、当たり前じゃないんだなってことを改めて実感しました。

山崎:デビューしてまだちょっとしか経ってないのに、こんなに早くミニアルバムを出せるなんてすごくありがたいことだなって思いました。これからもこの感謝の気持ちを忘れずに、前に進んでいけたらいいなって思います。

――11月のマンスリーライブは名古屋でも開催されるということで、愛知出身の野島さんに、地元のステージにet-アンド-として立つ思いを聞かせてもらえればと思います。

野島:名古屋でできるというのは私だけじゃなくて、聞いた時にみんなで「うれしい!」「やった!」って言って、本当にうれしかったです。

個人的には出身地ですし、そこで何年か活動していたので、その地に“et-アンド-の野島樺乃”として立てるのはすごくうれしいなと思います。

コロナ禍で東京まで来られないというファンの方の声もたくさん頂いていたので、私たちがいろんな場所に行って、より多くの方にet-アンド-のことを知っていただけたらいいなと思います。

■私のヘアメークをいつもやってくれるんですよ(山崎)

――野島さんはAKB48グループでいろんなリーダーを見てきたと思うんですが、リーダーの理想像や見てきた経験を生かしたいと思っていることがあれば教えてください。

野島:私的には「この人のリーダー像すごくいいな」とか「こういうリーダーになりたいな」っていう特定のものはなくて。

48グループはそれぞれ何パターンもリーダーのあり方があって、それぞれのリーダーの雰囲気も違ったりしたんですけど、私はその方々の良いところを盗んで吸収して、このet-アンド-に貢献できたらなって思います。

そういう点では、メンバーに心の底から楽しく、思ったこととかちょっと嫌だなって思ったこととかも自然に言い合えるような、言っても嫌な雰囲気にならないようなグループにしたいなと心掛けていて、楽屋でも楽しくできているかなと思います。

――お三方は野島さんのリーダーぶりについてはいかがでしょうか?

野島:良いところね!(笑)

山崎:あります! 私のヘアメークをいつもやってくれるんですよ。

野島:これも48グループで培ったものなんですけど、先輩が後輩の髪をセットしてあげたりすることがあって。

モラレス:メークもでしょ?(笑)

野島:そうだね。身だしなみを整えてあげることがあって、ヘアメークさんみたいに、(茶化すように強調して)最年長の山崎カノンさんの、髪の毛にストレートアイロンをかけたりはしてます(笑)。

山崎:ありがと(笑)。

モラレス:でも本当に頼りがいがあって、困ったりしてるメンバーにはすぐ声を掛けてくれるし、周りが見えてるなって思います。リーダーだから!っていう感じでもなく、本当に優しく、いつも心配して周りを見ているなって思います。

栗本:樺乃は本当に視野が広いので、ちょっとした細かいところとかもすぐに気付いて、心配だったらその日の夜に電話を掛けてくれたりもするので、そういうところは本当に助かってます。

野島:良いところばっかり、ありがとうございます。ダメなところとか聞く前に、これで終わりにしてください(笑)。

■「Monthly LIVE 2021『RGB』〜#008000_day / night〜」セットリスト

M1. Newton
M2. Matryoshka
M3. Blue bird
M4. fragile
M5. 夢の在処へ
M6. 僕は君が好きだ
M7. BIBIBI
M8. #tokyo
M9. Eenie, meenie, miney

EN1. My dream
EN2. Alright