STU48が10月2日、世界最大のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL 2021」(10月1日〜3日、お台場・青海周辺エリア)のHOT STAGEに出演した。

10月20日に発売予定の新曲「ヘタレたちよ」で開幕したSTU48のステージ。センターを務める瀧野由美子を中心に、所狭しと繰り広げるパフォーマンスで会場を魅了した。

続けて「サングラスデイズ」「夢力」を披露し、観客のボルテージはたちまち最高潮に。MCでは、この日「ヘタレたちよ」のフルバージョンが初披露となったことを紹介。

瀧野が「STU48って今まで表題曲でライブで盛り上がる曲っていうのはなかったんですけど、この曲はライブで盛り上がるなと思って、皆さんの前で披露するのを本当に本当に楽しみにしていたんです。皆さんいかがだったでしょうか?」と呼び掛けると、コロナ禍で声援を出すことのできない観客からは、大きな拍手でその思いが伝えられた。

その後は、AKB48の楽曲「希望的リフレイン」を歌唱。さらに同じくAKB48の「恋人いない選手権」を歌い上げた。

AKB48と同グループを兼任している岡田奈々は「ヘタレたちよ」をSTU48での最後の参加楽曲として、兼任を解除することを発表している。

岡田は「私事なんですけれども、先月9月にSTU48との兼任を終えることを発表しました。なので、今年のTIFがSTU48として出演できる最後のTIFだった」とコメント。「本当に熱く楽しめて、みんなとTIFで良い思い出を作れて良かったなと思います。これから先も同じ48グループの仲間として、支え合って歩んでいきたいと思います」と笑顔で宣言した。

そして、ステージの最後に選んだ楽曲は「奇跡という名のストーリー」。曲を終えたメンバーは手と手を取り合い、全員で両手高く掲げるとマイクを通さない地声で「ありがとうございました」と声を張り上げ、深く頭を下げてステージを後にした。

2年ぶりに有観客で開催されているTIF2021は、入場数を制限する他、新型コロナウイルス感染予防のガイドラインに基づいて「開催における新型コロナウイルス感染防止対策ガイドライン」を定め、徹底した対策を講じた上で開催している。

■STU48[10月2日、HOT STAGE]セットリスト

M1.ヘタレたちよ
M2.サングラスデイズ
M3.夢力
M4.希望的リフレイン
M5.恋人いない選手権
M6.奇跡という名のストーリー

◆取材・文=山田健史