日向坂46が10月3日、世界最大のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL 2021」(10月1〜3日、お台場・青海周辺エリア)のHOT STAGEに出演した。

日向坂46のステージには、現在活動休止中の小坂菜緒を除く21人が出演。「NO WAR in the future」で開幕すると、たちまち会場を熱気の渦で包み込んだ。

1曲目を終えたキャプテンの佐々木久美は「TIFのステージっていうのは、私たち日向坂46に改名される前のけやき坂46の時代から出させていただいていて、とても思い入れのあるステージ」としみじみ。

続けて「今日は皆さんに楽しんで帰ってもらえるように、パフォーマンスを精いっぱい頑張っていきます! よろしくお願いします。皆さん、日向坂46のステージ、楽しむ準備はできていますかー!」と呼び掛けると、観客は手にしたペンライトを大きく掲げてそれに応えた。

すると、加藤史帆が「皆さん最高! TIFしか勝たん!」と声を張り上げ、自身がセンターポジションを務める「君しか勝たん」をパフォーマンス。そのままの勢いで、小坂のセンター曲でデビューシングルの「キュン」を、加藤がセンターポジションに立って披露した。

熱狂するステージに松田好花が「さぁ皆さん、ここからラストスパートですけど、まだまだ盛り上がる準備はできてますかー!」、河田陽菜が「そんなんじゃ足りないぞー! もっともっと盛り上がっていきましょー!」と煽り、楽曲「キツネ」へとなだれ込む。ここでは河田がセンターに立ち、迫力のステージを牽引した。

その後のMCで佐々木久美は「私たちは今『全国おひさま化計画 2021』というツアーの真っ最中でございまして、10月20日に名古屋で最後の公演があるんですけれども、なんとそちら配信されることが決定しましたー!」と発表。

最後には、金村美玖がセンターを務める10月27日(水)発売の6thシングル「ってか」を全力でパフォーマンス。アリーナツアー真っただ中のTIFという、過密スケジュールの疲れを感じさせぬ“ハッピーオーラ”全開のステージで終始観客を楽しませた。

2年ぶりに有観客で開催されているTIF2021は、入場数を制限する他、新型コロナウイルス感染予防のガイドラインに基づいて「開催における新型コロナウイルス感染防止対策ガイドライン」を定め、徹底した対策を講じた上で開催している。

■日向坂46[10月3日、HOT STAGE]セットリスト

M1.NO WAR in the future
M2.君しか勝たん
M3.キュン
M4.キツネ
M5.ってか

◆取材・文=山田健史