乃木坂46が10月3日、世界最大のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL 2021」(10月1〜3日、お台場・青海周辺エリア)のHOT STAGEに出演。“TIF”のメインステージとなるHOT STAGEでのトリを務めた。

乃木坂46のステージには、秋元真夏、岩本蓮加、梅澤美波、遠藤さくら、賀喜遥香、掛橋沙耶香、久保史緒里、齋藤飛鳥、阪口珠美、佐藤楓、新内眞衣、鈴木絢音、清宮レイ、高山一実、田村真佑、筒井あやめ、早川聖来、樋口日奈の18人が出演。

赤と白が印象的な衣装でステージに立つと、齋藤がセンターポジションに立ち「インフルエンサー」で開幕。続く梅澤美波をセンターに据えた「シンクロニシティ」と、日本レコード大賞受賞曲の連続で、トリにふさわしい圧巻のパフォーマンスで観客を魅了した。

キャプテンの秋元は「このTOKYO IDOL FESTIVALには、去年4期生が出演させていただいたんですけど、他のメンバーが出演するのはかなり久しぶりということで、このステージに立てる日を本当に楽しみにしていました」としみじみ。

続けて「乃木坂46はトリを務めさせていただくということで、とってもとっても私たちメンバーはうれしいので、この会場、そして配信を御覧の皆さんを最後にふさわしいくらい最高に盛り上げていきたいと思います」と宣言した。

また、この日が20歳の誕生日である遠藤は、乃木坂46について「すごい優しさの塊だなっていつも思います」とコメント。「もっともっと乃木坂46のために頑張っていきたいなとすごく思うので、これからも、20歳になったので頑張っていきたいと思います」と意気込みを語った。

その後のステージでは「制服のマネキン」「ごめんねFingers crossed」「ありがちな恋愛」と名曲の数々を惜しみなく披露。賀喜がセンターポジションに駆け寄り「ガールズルール」のイントロが流れると、ヒートアップした観客は一心不乱にペンライトを振った。

「ガールズルール」を歌い上げ、ラストは賀喜がセンターを務める最新シングル「君に叱られた」。賀喜は「いろんなところで披露させていただくたびに、どんどんどんどん乃木坂46の、メンバーもそうですし、支えてくださるスタッフさんもそうですし、ファンの方々もそうなんですけど、本当に皆さんへの愛というか、大好きだなという気持ちが強まっていって『幸せだな』と感じることが多い」とグループへの愛を口にする。

続けて「この曲を聴いてくださっている皆さんも、パフォーマンスを見て『幸せな気持ちになるな』と思っていただけたらいいなと思っています」とファンへの思いを述べ、同曲を披露。

グループの魅力を存分に発揮した後には、秋元が「今日のパフォーマンスで『ライブ行ってみたいな』とか『会ってみたいな』っていうふうに思っていただけたらすごくうれしいなと思います」と呼び掛け、大盛況のうちにステージを締めくくった。

2年ぶりに有観客で開催されているTIF2021は、入場数を制限する他、新型コロナウイルス感染予防のガイドラインに基づいて「開催における新型コロナウイルス感染防止対策ガイドライン」を定め、徹底した対策を講じた上で開催している。

■乃木坂46[10月3日、HOT STAGE]セットリスト

M1.インフルエンサー
M2.シンクロニシティ
M3.制服のマネキン
M4.ごめんねFingers crossed
M5.ありがちな恋愛
M6.ガールズルール
M7.君に叱られた

◆取材・文=山田健史