10月3日深夜の「乃木坂工事中」(毎週日曜夜0:00-0:30、テレビ東京系)では、各期が3人1組のチームを編成し、テーマに沿ったオリジナル料理を作って対決する「期別対抗 料理クイーン決定戦」が行われた。

今回はその続編で、「お肉好きの彼を満足させるお肉料理」をテーマに、3期生(山下美月、梅澤美波、与田祐希)対4期生(賀喜遥香、遠藤さくら、筒井あやめ)の対決となった。

中でも、4期生の遠藤が豚肉の筋切りをしていると、司会の設楽統(バナナマン)が「遠藤ちゃんと筋とか切るの(できるんだ)。良かったよ、そう言うのちゃんと学んで来てくれたんだね」と感心すると、遠藤は「元々知ってました」とコメント。設楽は「本当に?遠藤が(筋切りを)知ってたって言うの涙出ちゃう」と親目線で語った。

また、遠藤がトンカツを作ろうとしていることがわかると、設楽は「遠藤んちって蕎麦屋だよね?」と質問。これに遠藤が「蕎麦屋です」と答えると、設楽は「カツ丼なんて何回も見てるでしょ」と聞き、遠藤が「(カツ丼は)出してないと思います」と言うと、「本格的(な蕎麦屋)…すみませんでした」と謝罪。

さらに遠藤が、ステーキ用牛肉の筋切りをしていると、日村勇紀(バナナマン)から「筋を切るのが遠藤の担当?」と質問され、笑いながら頷くと、設楽が「ステーキも筋切った方が美味しんですかね?」と聞き、遠藤は「噛み切れないかなと思って」と、実食するバナナマンへの配慮だと語る。

これに設楽が「たしかに、我々が食べますからね。歯の方がヤバいんでね」と言い、日村も「歯とアゴがやべぇんで」と同調し、笑いを誘っていた。

次回の「乃木坂工事中」は10月10日(日)深夜0:00より、「期別対抗 料理クイーン決定戦」の完結編を放送予定。