アニメ映画「神在月のこども」が10月8 日(金)全国公開。そしてこの度、公開を目前に控えた本作の見どころを出演者が語るメッセージPVが解禁になった。

毎年10月に全国の神々が島根県、出雲に集い翌年の縁を結ぶ会議を行うという云われから日本各地では“神無月(かんなづき)”と呼ぶ10月を、出雲では“神在月(かみありづき)”と呼ぶ。そんな逸話を題材に、人々と神々、各地と出雲、そして、この島国の根にある“ご縁”という価値観をアニメーションに描いた本作。
母を亡くし、大好きだった“走ること”と向き合えなくなった少女カンナ。そんな彼女のもとに一羽の兎(シロ)と一人の少年(夜叉)が現れ、出雲への旅にいざなう。それをきっかけに廻りはじめる歯車。人々と神々の境界をまたぎ、駆ける少女の旅がはじまる
主人公・カンナには蒔田彩珠。神使の兎・シロ役を坂本真綾、⻤の少年・夜叉役を入野自由、カンナの亡くなった母親・葉山弥生を柴咲コウ、カンナを男手一つで支える父親・葉山典正を井浦新、カンナが目指す出雲を治める神・大国主を神谷明、カンナの幼少期を新津ちせ、同級生のミキを永瀬莉子、松江に奉られる神・恵比寿を茶風林、長野・諏訪を護る龍神を高木渉が担当。
人々を俳優、神々を声優が演じ分ける注目作となっている。主題歌・劇中歌・エンディングテーマはシンガーソングライターのmiwa が本作のために書き下ろした。

■蒔田「前を向ける映画」、入野「心が走るという体験をぜひ劇場で感じてほしい」
このたび声優を務めた蒔田、入野、柴咲、井浦が本作の見どころと語るメッセージPV が解禁。
入野は「世界がアニメというものに対して、熱く盛り上がっているそんな中で“日本らしさ”というものが表現できる作品の一つ」とコメント。
完成披露試写で脚本を読んで涙が出たと語った柴咲は「こういう普遍的な作品はきっと残っていくだろうし、支持され続けていくだろうと希望を持っています」と本作への期待を滲ませ、「主人公はまだ幼い子ですけど、大人の自分が読んだり観たりしても、すごく共感できて力をもらえる作品になると思った」と思いを明かしている。
12 歳の少女・カンナを演じた蒔田は「一年前にお母さんを亡くして、それまで大好きだった走ることがトラウマになってしまって、本当は好きなのか、もう走りたくないのか。その間でずっとグラグラしている」と初めての声優挑戦に精細な感情の機微をにじませた。
そんなカンナを見守る父・典正を演じた井浦は「不器用なお父さんだなぁと。自分を含めて、世の中のお父さん代表」と自身を重ね合わせた様子。作品についても「この作品の持つ画の力というのは、心にすっと染み入ってくるような、そういう温かさ懐かしさが印象的」と絶賛。

最後には入野、蒔田がそれぞれ「カンナの走るということが体を動かす走るということだけではなく、心が走るというこの体験をぜひ劇場で感じてほしい」(入野)「前を向ける映画だと思います!」(蒔田)と呼びかけた。