10月5日(火)に、平成ノブシコブシ・吉村崇とジャニーズWEST・桐山照史、中村アンがMCを務める「歌ネタゴングSHOW 爆笑!ターンテーブル」(夜8:57-10:57、TBS系)の2時間スペシャルを放送。新企画「待ち伏せ!ターンテーブル」に10月19日(火)スタートの新火曜ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)に出演する、高杉真宙と深川麻衣が登場する。

同番組は、芸人たちがアーティストになりきって自ら作詞、時には作曲し「笑える新曲」を披露する“ゴングSHOW”。旬の芸人やタレントたちが、さまざまな「笑える新曲」をターンテーブルを模した巨大回転ステージ上で次々に披露。歌の半分の時点で、ゲスト審査員が「もっと聴いていたいか」を判定し、審査員全員が「もっと聴きたい」と判定すれば、そのまま完奏することができる。しかし、「聴きたい」と判定しない審査員が1人でもいた場合は、そこで強制終了に。出場者たちは完奏を目指して本気でチャレンジする。

新企画「待ち伏せ!ターンテーブル」は、その名の通り仕事終わりの人気者たちを待ち伏せして突撃。番組の収録セットまで連れていき、本人にまつわる歌ネタをアーティストが勝手に披露していく“ゲリラ的企画”だ。

高杉と深川のバラエティー番組の収録終わりを狙って番組スタッフが突撃し、何が起きているのか分からず驚く2人をターンテーブルのセットが用意された場所まで連れていく。セット前の椅子に座らされた高杉と深川が「ステージ近いですね…」と戸惑う中、ピン芸人・大谷健太が登場し高杉と深川をネタにした超絶早口フリップ芸を披露。

さらに、歌唱漫才を得意とするお笑いコンビ・シマッシュレコードが、高杉と深川のイメージを歌ネタに込めた「あくまでもイメージ」を熱唱する。

また、TBS局内での収録を終えた東京五輪柔道男子100kg級金メダリストのウルフ・アロン選手を突撃。突然連れてこられたターンテーブルのセットを前に、ウルフ選手は「(登場するアーティストと)マンツーマンなので緊張しますね」と話す場面も。そんなウルフ選手を笑わせるため、近距離で一対一の真剣勝負に挑むのは、Mr.シャチホコと南波雅俊アナウンサー。

歌モノマネを得意とする両者が、Mr.Children・桜井和寿とB’z・稲葉浩志になりきって、ウルフ選手にまつわる歌ネタを披露する。歌唱力、モノマネスキル共に申し分ないMr.シャチホコと南波アナウンサーは、爆笑の“一本!”を奪うべく、闘志を見せる。