ドラマParavi「つまり好きって言いたいんだけど、」(毎週水曜夜0:30-1:00、テレビ東京系)が10月6日(水)からスタートする。円城寺マキの同名漫画をドラマ化した同ドラマは、マネジャーと俳優のもどかしい恋模様を描くゴシップラブコメディー。大原櫻子が主演を務める他、櫻井海音、森田望智、松井愛莉、東啓介、宮尾俊太郎、石川瑠華、佐藤江梨子、西村まさ彦、黒木瞳が脇を固める。大原は突如芸能事務所に転職することになった小学校教員・冴島千歳を演じる。WEBザテレビジョンでは大原にインタビューを実施。役どころや現場の雰囲気、役との共通点を聞いた。

――今回の作品のオファーが来たときの感想をお聞かせください。

台本を読ませていただいたときに、漫画の世界観とは違うオリジナリティーあふれる脚本だなと感じました。漫画とは違った冴島千歳を演じられるのがすごく楽しみでした。

――千歳との共通点はありますか?

私も人に冗談でうそをつかれることが多いので、だまされやすい性格というのは親近感を覚えました。また、面接などで一生懸命だけど空回りしてしまうところも似ているなと感じています。

――現場の雰囲気はいかがでしょうか。

現場の雰囲気はめちゃくちゃいいです! ベテランのスタッフさんも若いスタッフさんもいらっしゃって、悪い意味のピリつきがない。ピリつきがない中でも、締まりはちゃんとある。和やかだけども、非常に引き締まっているような空気感があります。

――相手役の櫻井海音さんの印象をお聞かせください。

二人のやりとりも多いので、ご時世上、環境を保ちつつ、カメラが回っていないときでも「次の休みは何がしたい?」みたいな他愛のない話をするような仲です。とても和気あいあいと仲良くさせていただいております。

――大原さんから見て、幼なじみの瀬那君みたいな男性ってどういうふうに思われますか?

強がっていて、ちょっとナルシストな彼のツンツンしている部分は非常にかわいい人だなっていうふうに思います。でも、うそをつかれる身としてはちょっといい加減にしてほしいかな(笑)。

――千歳と瀬那の関係で憧れる部分はありますか?

お互いに気取っていないところがいいなと思います。千歳からすると嫌いから入っていて、彼のマイナス部分を見て関係が進んでいます。そういった部分では、これ以上マイナスになることがないからオープンな状態でいられるところはすごくいいなって思います。

――この作品は人を信じる難しさを感じる作品でもありますが、大原さんにとって人を信じるはどういうことだと考えていますか。

これ(信じること)を考えるのは、永遠のテーマだと思っています。裏切られたりすることを怖がっていたら何もできないと思うので、その先のことは考えずに人を信じて生きていかないといけないと思います。あまり人に期待しすぎず、人を信じてあげないと自分のことも信じられないと考えています。なので、自分のことも人のことも信じることが大事だと思っています。

――この作品は秋から放送になりますが、大原さんが好きな“秋”を教えてください。

やっぱり、食欲の秋ですね。カボチャ味も大好きだし、栗も柿も好きです。カボチャは煮つけも好きだし、パンプキンスープも好き。最近はかぼちゃのチーズケーキを作りました。

――料理はよくするんですか?

チーズケーキもそうですが、夏野菜カレーやルーローハン、えびのしんじょうもおうちで作りました。なかなかお店に行けないので、家で本格的なものを作ることも多いです。

――宅配サービスなどは使わないんですか?

金額が高いので、そのお金を洋服に回した方がよくないかなと思っちゃうんです。あと、運動も好きなので、ご飯屋さんには歩いて行くとかも嫌いじゃないんです。なんならタクシーとかに乗って運動しないのももったいないと思っちゃうので、歩いて行くことも多いです。

――最後に見ている方へメッセージをお願い致します。

私も撮影している最中なので、私自身もどんな笑えるシーンがあるのか、どんな胸キュンシーンが生まれるのか、今から楽しみにしております。学生の方だったり、働いてらっしゃる女性、男性にも胸キュンしていただける作品になると思うので、ぜひ楽しんでいただければなと思います。