2011年から放送開始し今年放送10周年を迎えた南原清隆MCの昼の情報番組「ヒルナンデス!」(毎週月〜金曜朝11:55-昼1:55、日本テレビ系)。webザテレビジョンでは、番組出演者にインタビューを実施し、全6回の連載として番組でのエピソードや裏話を届ける。

第1回は、月曜日のレギュラーとして出演するGENERATIONS from EXILE TRIBE・小森隼に話を聞いた。月曜日のレギュラーメンバーは、藤田ニコル、バイきんぐ・小峠英二、小森隼の3名に、10月4日よりフワちゃんが加入した。

■「やっと自分がレギュラーになった実感が沸いてきました」

――小森さんは2020年10月にレギュラーメンバーとなり今年2年目となりますが、番組に出演し始めた頃の思い出を教えてください。

初めてレギュラー出演が決まった瞬間は、GENERATIONSのみんなはすごく喜んでくれて、初回放送の際にはHIROさんからもご連絡をいただいて、「見てます!緊張すると思いますが楽しんで」という内容をいただいて、LDH全体で喜んでくれて応援していただいたっていうことがすごく印象的でした。

僕がレギュラーになったタイミングは、コロナ禍で番組自体もどうやって行っていこうかという状況でしたが、スタッフさんも僕に対して優しく丁寧に接してくださって、南原さん始め出演者の皆さんも積極的に声をかけてくださったので、緊張感はありましたけど、ファミリーとして迎え入れてくれた感覚も強かったです。

今は、やっと自分がレギュラーになった実感が沸いてきました。最初は状況的にもロケが全くできなかったのですが、ここ数ヶ月でロケが増えたことで実感が沸きました。迎え入れるゲストさんへの対応や言葉選びも意識するようになりましたし、ご飯の食べ方も綺麗になりました。

――「ヒルナンデス!」のレギュラーになって、周囲からの反響はありましたか?

先輩であるEXILEの人たちからも「最近テレビつけると最近よく隼見るよ」と言っていただけて「僕月曜担当なので毎週いるんですよ」と話したり、LDHじゃない他の現場でお仕事するときも「見てます」って言われたりします。徐々にお昼の自分っていうのが広まっているのを実感しています!

――生放送の番組ですが、出演時に意識していることはありますか?

どこで自分が声を出していくかっていうのを意識しています。時間が決まっている中で進んでいって、特に「ヒルナンデス!」はスタジオで食リポするにしても10秒くらいなので、自分があんまり話し過ぎても他の方が話す時間もあるし、そのバランスっていうのがまだ本当に勉強するところばかりですね。

■一人じゃないことを実感!
――月曜日の出演者とのエピソードをそれぞれ教えてください。

南原さんは、僕が初回の頃からずっと変わらず、CM中でもお話を振ってくださったりとか、朝メイク室で会った時にもコミュニケーションをとってくださったりとか、僕が一人ぼっちにならないようにしてくれます。みんなで話しているときに「小森君はどう?」とちゃんと名前で振ってくれるのはすごくうれしいですね。

小峠さんは、僕のロケのVTRで編集の都合上、尺が短いと「あそこシビれるなぁ、もうちょっと長かった方が良かったんじゃない」とかいじってくれるので、「もっと頑張ります!」ってやり取りをしたり。VTRのリアクションやコメントをすごく面白おかしくいろいろ言ってくださるので、僕は救われています!僕は自分のロケの映像が流れているとすごく緊張して、大丈夫だったかなあって思ってしまうので。

にこるん(藤田ニコル)は、僕と世代が一緒で、世代の違う事柄への感想も一緒のことが多いので、CM中にああだよねこうだよねって世間話をよくしています。

――月曜ヒルナンデス!は、CM中の雰囲気はどんな感じですか。

CM中も和やかで、みんなで喋っている印象が強いですね。滝さん(滝菜月アナ)、篠原さん(篠原光アナ)含めてみんなで話している印象です!

――これまでに参加したロケで、印象に残っているものは何ですか。

藤岡弘、さんとのロケです。それは緊張しましたね。僕が初めてゲストを迎えてロケをするのが、藤岡さんの家族を迎えて南房総をロケするという内容で、それはしびれましたね。芸能界でいえば僕の大先輩でもあるので、どう接しようっていうのもあり、その日天候も優れず強風も吹いていて、途中ロケを中止にしようかっていう話も出ていたんですけど、藤岡さんが「天候がこういう状況なのも今日しかないから撮ろう」って言ってくださって。第一線で活躍している方ってこういった面があるから活躍し続けているんだろうなとか、僕が本来アシストしていく立場なのにたくさん助けていただいて、勉強になりました。

――GENERATIONSのメンバーとの共演もありましたね。

僕個人としてはものすごくうれしいです。コロナ禍になって、自分が新型コロナウイルスに感染したときにGENERATIONSから(片寄)涼太くんが出てくれたときには、「自分が一人じゃなかった」というのをテレビを見て感じました。あの時は、家にいて申し訳ない気持ちだったりとか、お仕事を休んでしまったという気持ちで塞ぎ込んでいた自分もいたんですけど、メンバーが出てくれている姿を見て一人じゃないって気持ちになりました。

ほかにも、(白濱)亜嵐くんと(中務)裕太くんとにこるんと僕で一緒に料理のロケをしたんですけど、亜嵐くんが僕がお世話になっているのもあって、自分が頑張らなきゃいけないみたいに思ったみたいで、すごい空回りしていたのが印象的でした(笑)。普段言わないギャグとか言ってドすべりしていたりとか。それがちょっとVTRになったときに若干カットされているのを本人が見て、「ちょっとあんまりうまくいかなかったな…」って言っていました(笑)。

■月曜メンバー全員でロケがしたい
――月曜日のおすすめコーナーは?

にこるんのファッションレスキューです。知識を生かしてその人に合う服を本気で選んでいるので、VTRは場面場面なのでキュッとなっていますけど、本当に時間をかけてしっかり選んでいるっていうのを直接にこるん本人から聞いて、それは本当に素晴らしいなと思いました。ゲストで来た方にすごく向き合っていることが、コーナーがずっと続いていることに繋がっているだろうなと思いますし、自分もにこるんにやってもらいたいなって思います。

――ほかにも今後やってみたい企画やロケはありますか。

今は難しいかもしれないですが、ご当地のものを食べに行くとか、今最先端のものを調査したり、カフェ巡りとかそういうのはどんどんやっていきたいなって思います。食べたりとかコーヒー飲んだりとか好きなので。月曜メンバー全員と行きたいですね!にこるんも小峠さんも運転できるし…、僕免許取っていないので乗ってるだけになりますけど(笑)。どこか連れて行ってもらいたいなって思います。

――「ヒルナンデス!」は10周年を迎えましたが、小森さん自身が10年近く続けていることはありますか?

GENERATIONSが来年10周年になるので、それを考えると感慨深くなりますね。デビューした時はGENERATIONSもこんなに続くと思っていなかったので、もうすぐ10周年かって思います。お仕事以外だと…10年前は高校生だったので…、一人暮らしくらいですかね(笑)。それくらいしか続けていることが無いかも。成人迎えてから趣味が変わってコーヒーを飲み始めたりとかはあったんですけど、まだ10年は経っていないです。

――最後に、10周年の番組にメッセージをお願いします。

GENERATIONSがもうすぐデビューして10周年になるっていうのと、僕が芸能界で歩んできた道と近い歴史を歩んでいる番組ということでリスペクトがあります。ここから先も歩んでいく「ヒルナンデス!」の歴史の中で自分も少しでも恩返しできるような力をつけて、見てくださる皆さんに楽しんでいただけるような番組にするため、僕も頑張りたいと思います!


※次回は篠原光アナウンサーのインタビューを10月19日(火)朝6時に公開予定。篠原アナの一人ロケもある火曜日をメインに話を聞く。