AMATSUKAとしてアーティスト活動を行う天使もえが、10月4日、“天使の日”に有観客同時配信ライブを開催し、終演後には会場の観客やSNS上のファンから大きな拍手と称賛の声が上がった。そんなライブをリポートするとともに、終演後にAMATSUKAがライブについての思いなどを語ってくれた。

ライブタイトルは「Live from Grapefruit Moon -天使に月で逢いましょう- AMATSUKA」。「オリジナル楽曲」「生楽器」にこだわりライブを行う、元&現役セクシー女優所属の音楽プロジェクト「Milky Pop Generation」(通称“ミルジェネ”)が主催する企画。今回はフルバンド編成で、バンドメンバーはGt.福田正人、Ba.村田悟朗、Key.高島ユータ、Dr.臼井博朗。


■1曲目から“天使”な曲でスタート!

1曲目は「“天使”といえばこの曲かな」と選んだという「残酷な天使のテーゼ」(高橋洋子)、スローな歌い出しに生ライブならではの緊張感や興奮をただよわせながら“天使の日”のライブがスタートした。安定感のある声量を曲調に合わせて徐々に盛り上げていき、観客を自身の世界観に引き込む。

歌い終わると「ありがとうございます、みなさん、こーんにちはー!画面の向こうの皆さんも元気ですか?天使の日、今年も無事にライブを開催することができました。“天使”と書いて“あまつか”と読む、今日はAMATSUKAです」とあいさつ。歌声と通常トークの声のギャップも魅力の一つ。ワンピースからアクセサリーからブーツまで、“天使”らしい白い衣装でまとめるも「ロングブーツのせいでコスプレ感が出ちゃった」と笑いを誘う。

「かっこいい曲で盛り上がっていきたいと思います!」と宣言し、「God knows...」(涼宮ハルヒ [CV.平野 綾])を手振りで観客を煽りながら熱唱。オリジナル曲の「クローゼット」(AMATSUKA)はしっとりした歌い出しから始まるも、その後の激しい演奏に乗せたロックな歌声で観客を魅了。一転してキュートで柔らかな歌声で「星間飛行」(ランカ・リー[CV.中島愛])を披露した。

■「何回も練習で泣いちゃった曲」を熱唱

「久しぶりにみんなの前で歌うとこんな感じだったなって思い出すんですけど、もっともっとみんなと積み重ねてきたライブの数々を思い出して…」と話し、続けて「何度やってもこのドキドキが止まらないですね」とライブを開催できた喜びの気持ちを伝える。

バンドメンバー紹介の後、「みんなの心に刺さるんじゃないかな、私も歌詞に感情移入して何回も練習で泣いちゃった曲です」と紹介し、「サリシノハラ」(みきとP)で高音ボイスと低音ボイスを心地よく会場に響かせた。続く「さくらんぼ」(大塚愛)では、会場とカメラ越しの観客一人一人に愛を届けるように歌い上げるAMATSUKA。

MCでは、「イベントも前ほど思うようにできないですが、その分会えた時の1回1回、やっぱり私みんなと会えるのが元気に繋がってるし、頑張ろうって気持ちになるのはみんなに会える時が一番強いし、今日もライブができて良かったな、みんなが来てくれてよかったな、この場所にいれて良かったなって、すごく思います。いつも本当に、私に勇気、元気、背中を押すパワーをくれてありがとうございます」と率直な思いを伝えた。

「Butter-Fly」(和田光司)の曲中では、大きな風船が会場に投げ込まれる演出も。AMATSUKAが観客席へ戻そうとして大きな音とともに割れるハプニングもあったが、それすら曲とともに楽しんで満面の笑顔に。続けて披露したバラード曲「あいのうた」(AMATSUKA)では、感情を乗せて訴えかけるような表情と観客の心を優しく包み込む歌声で涙を誘った。切ない1曲が歌い終わると「ありがとうございます。(風船)割れちゃったね(笑)」と笑顔で和やかにトーク。

■「パンツ畑の光景を見せてください!」とオリジナル曲へ

そして満を持して「みなさん!パンツの準備をお願いします!」と呼び掛け、「私はこれが今一番お気に入りの光景なんです。湧き上がるうれしさ、楽しさ、高揚感をね、みんなで一緒に味わえるのがライブの醍醐味だと思いますので皆さんぜひ今日も!パンツを振り回してください!私にすてきな一面…白のお花…パンツ畑の光景を見せてください!」と叫び、「きみとパンツ」(AMATSUKA)をポップにかわいらしく熱唱。続く「天使の休息」(久松史奈)では、芯のある大人びた声質になり緩急のある選曲が観客を酔わせ、ステージを下りたAMATSUKA。すぐに手拍子が鳴りアンコールへ。

「天使の休息が今まで以上に自分の中で刺さるものがあった…疲れた時、休みたいなって思った時に休める場所、受け入れてもらえる場所があるのって本当にありがたいことだなって歌いながら思っちゃって、泣きそうになっちゃった」と明かし、変わっていると周囲に言われていたという悩みについても、「(そんな悩みを)個性として受け入れてもらって、そこが好きだよって言ってくれる人たちと出会えて、人ってこんなに優しいんだなっていつも感じてます」「私がこの場所にいる理由はみんなだし、毎日すごく力をもらっています」と感謝を告げた。

■「あなたの天使でいさせてください」
アコースティックバージョンの「ETERNAL BLAZE」(水樹奈々)では伸びやかな美声を爆発させ、男気や雑草根性を感じて選んだという「CITRUS」(Da-iCE)はカバー初披露ながら観客の背中を押すような力強さとともにパフォーマンス。

「これからもやらかすし、あまり器用ではないんですけれども、真っすぐに歩んでいきたいと思います。これからもどうぞどうぞAMATSUKAのそばにいてください。あなたの天使でいさせてください」と、ラストの曲「innocent Angel」(AMATSUKA)でこの日一番の激しさと盛り上がりを見せ、「今日も本当に幸せです」とメッセージを贈り“天使の日”を締めくくった。

終演後、バンドマスターを務めた福田氏からは、「彼女は“For you”の人なんですよね。お客さんが求めている彼女の、カッコよさ、かわいさ、いろんな面を見せてあげたい人…と僕には思えるんです。彼女の解釈に合わせた演奏を意識しました。彼女の中でAの曲に対して、Bの曲に対して、それぞれ向き合ってイメージが出来上がっていて、曲によって歌い方、声色を変えられるんですよね。どの曲を歌っても同じにならないっていうのはすごいことなんです」と称賛のコメントも。

天使にもライブの感想などを聞いた。

■ファンとともに「1曲1曲一緒に思い出を」という思い

――ライブ後の率直な感想は?

以前は月に4〜5本ライブ出演があった時期もあったのですが、今回は約3カ月ぶりかな?それに今日は体調の心配面も残っていて…でもなんとかやりきってホッとしています。

オリジナル曲の「クローゼット」はまだ悩んでいるところもあって、どっちの方が歌詞が響くような歌になるかなって。最初のシングルもファンの人たちと一緒に作っていった気持ちがあって。コールが加わってカッコよく聴こえる歌にしたいけど、今コールが出来ないからどうする?って。でもみんなが「ここで盛り上げたい」とか思ってくれてるのは伝わっているんですよ。

――今回、“天使の日”のライブの選曲にはどんな思いが込められているんでしょうか。

歌詞に“天使”が入っていたり“高く飛ぶ”みたいなイメージの曲を選曲したのですが、中でも『サリシノハラ』が一番難しくて、すごく集中してピリピリしてしまいました…。一方で、ファンの人がこの曲を聞いて、イベントにめちゃくちゃ通ってた頃のことを思い出してほしいっていう気持ちも少し (笑)。

かわいいだけじゃない一面を見せていきたいなっていつも考えていますね。昔は声マネみたいなことも多かったんですけど、私が好きで来てくれてる人に向けてどう私らしさを届けられるかいつも考えています。
曲の理解を深める時には、自分とファンの人との思い出を振り返ることが多いですね。じゃないと自分らしく歌えないかなって。

――コロナ前後で活動が思うようにできないとか、活動の仕方が変わったなどありますか?

正直、生き方が変わりました…!以前はお仕事が詰まっていて考える余裕がない時もあったのですが、今は落ち着いて、業界のためになること、ファンのみんなに今伝えられること、を考える時間もできました。今後は、女優の女の子たちが女優になって良かったと思えるようなサポートもしていけたら、女優歴も長くなってきた自分の経験を生かして教えたり伝えたりする活動ができたらいいなって思っています。

アーティスト活動でいうと、ライブ前はカラオケに通って練習していましたが、最近はカラオケに中々行けない世の中なので、家じゅうに歌詞を貼って、ずっと家で曲を聴いたり歌ったりしていましたね。
でもライブが出来ない時もボイトレに通うなどやれることはありました。
本業の女優としてのいろんな演技をさせていただいているのと同じように、曲によって変わる表情や声で、飽きさせないパフォーマンスが出来たんじゃないかなと思います。

――今後、目指すアーティストの形はどんな風に考えていますか?

「すごい上手!」っていうので音楽を始めたわけではないので、どこでファンの人の心に響かせるか、また聞きたいって思ってもらえるか…そのためには1曲1曲一緒に思い出を作っていくしかないと思っていて。それぞれの歌での表情だったり自分らしさを出すことによって、その曲を聴いた時に私のことを思い出してもらえるようになりたいです。

今後は、10月20日(水)に行われるライブイベント「楽演祭vol.14 がんばろうSP」に出演予定。

■「Live from Grapefruit Moon -天使に月で逢いましょう- AMATSUKA」セットリスト

1.「残酷な天使のテーゼ」(高橋洋子)
2.「God knows...」(涼宮ハルヒ [CV.平野 綾])
3.「クローゼット」(AMATSUKA)
4.「星間飛行」(ランカ・リー[CV.中島愛])
5.「サリシノハラ」(みきとP)
6.「さくらんぼ」(大塚愛)
7.「Butter-Fly」(和田光司)
8.「あいのうた」(AMATSUKA)
9.「きみとパンツ」(AMATSUKA)
10.「天使の休息」(久松史奈)
EN1.「ETERNAL BLAZE」(水樹奈々)
EN2.「CITRUS」(Da-iCE)
EN3.「innocent Angel」(AMATSUKA)