山田杏奈主演映画「ひらいて」(10月22日[金]公開)の本編映像が解禁。映像には、山田があいみょんの「ふたりの世界」を歌う姿など、女子同士のリアルなカラオケシーンが描かれている。

同作は、芥川賞作家・綿矢りさの同名小説が原作で、恐れを知らない女子高校生の熱い恋心が、勢いあまり意中の彼の恋人にまで向けられる“高校生による禁断の三角関係”を描いた青春映画。

山田が演じる主人公・愛は、優等生でビジュアルもいい学校の人気者でありながら、秘めた恋心が暴走する女子高校生。また、愛がひそかに恋心を寄せる西村たとえをHiHi Jets・作間龍斗、たとえの恋人・美雪を芋生悠がそれぞれ演じる。

■愛と美雪の対照的な姿が描かれる

解禁された本編映像では、愛が自分が思いを寄せるたとえの恋人・美雪に近づき、ついに休日で二人、カラオケを楽しむ様子が捉えられる。

愛が歌うのは、若い世代を中心に絶大な人気を誇るあいみょんの「ふたりの世界」。人前で歌うことに恥じらう様子もなく、堂々と歌い余裕を見せる愛に対して、美雪は愛の歌声に聞きほれながら自らも歌うことに挑戦するが、歌いだしが遅れるなどその初々しい様子が対照的。

二人のカラオケシーンは、愛と美雪、それぞれの人間性を感じられる首藤凜監督のこだわりの演出が詰まったシーンとなっている。

■あらすじ

高校3年生の愛(山田杏奈)は、成績優秀、明るくて校内では人気者。そんな彼女は、同じクラスの地味な男子生徒・たとえ(作間龍斗)に片思いをしている。

しかし、彼が学校で誰かからの手紙を大事そうに読んでいる姿を偶然見てしまったことで、事態は一変。たとえに恋人がいると思った愛はその手紙を盗み、さらに、手紙の差出人である美雪(芋生悠)に近づく。