コスプレーヤーとしても活躍しているグラビアアイドル・南楓が、7月25日に東京・Booty東京で行われた「Fresh!スペシャル大撮影会 in Booty東京」に参加。インタビューでは、スタイル維持に効果抜群のトレーニング法や知られざる食生活、今後の目標などについて語ってもらった。

「Fresh!」は、東京・秋葉原を拠点に毎週末スタジオや屋外で開催されている撮影会。今後も趣向を凝らしたイベントを開催予定だ。

――6階建てのビルにはいろいろなブースがありましたが、お気に入りの場所は?

皆さんに写真を撮ってもらった場所の中では「教室」が好きです。スク水っぽい感じの水着を着て、どこか非日常的。ありそうでなさそうなシチュエーションが面白いなと思いました。

今回はチャンスがなかったんですけど「電車」のブースも気になっています。実は狙っていました(笑)。次回は、たくさんの方に撮っていただきたいです。

――今、着ている水着の好きなところは?

結構ハイレグなんです。身長が高いから、このスタイルを生かせる水着。いろいろ悩んだ結果、競泳タイプは間違いないだろうと思って選びました。

――プライベートではどんな水着を?

日焼けしたくないから完全防備で(笑)。お仕事でたくさん肌を露出する機会があるから、もうそれで満足。普段はなるべく肌を出さないようにしています。

――きれいなスタイルを維持する秘訣(ひけつ)は?

最近はホットヨガにハマっています。サウナのような状況の中でストレッチや体幹を鍛えるから効果てきめん。たくさん汗をかくと嫌な気持ちもスッとなくなる感じで心のリフレッシュになります。

それと、体が柔らかくなってY字バランスができるようになったんです。撮影会でも結構目立つポーズ。いつか、I字バランスにも挑戦してみたいです。

――初心者も付いていけるメニュー?

基本的にヨガはリラックスすることが大事。教えてくださる先生も優しいですし、初めての方でも大丈夫です。

――食事面で気を付けていることは?

普段から「腸活」をしています。食べるタイミングや、食べ物の組み合わせに気を付けています。

――食べるタイミングというのは、食事の時間のことですか?

食べる時間というよりは「食間」ですね。前の食事との間が短いとダメなんです。食べた物にもよりますけど、例えば消化の良いフルーツだったら最低3時間ぐらい空けて次の固形物を摂るというイメージ。プチ断食みたいに、夜ご飯から翌日の朝食までの時間を長めに取ったりすると効果的です。

――これを食べると元気が出るという「パワーフード」は?

じゃがいもです。洗ってからラップに包んで電子レンジに入れるだけ。塩も何もつけずにそのまま食べます。これも「腸活」につながってくるんです。

――炭水化物は気にならない?

ダイエットの敵のように思われていますけど、決してそうではないことを本で読んで知りました。私はさつまいもも好きなので、同じ事務所のましろ碧乃ちゃんと一緒にスーパーでいろいろな品種のいもを買って食べ比べをしています(笑)。品種によって味が違うので楽しいです。

――今後の目標は?

メジャーDVDを出したいです。例えば電車の中とか、体の柔らかさを生かしたY字バランスが似合わない場所で撮影するミスマッチ感が楽しい作品にしたいです。


◆取材・文=月山武桜