10月9日(土)にスタートする、なにわ男子・道枝駿佑&Snow Man・目黒蓮のW主演で、高校生たちの一生懸命でちょっぴりおばかな恋と青春を描く「消えた初恋」(毎週土曜夜11:30-0:00、テレビ朝日系)。同ドラマは、橋下さん(福本莉子)に片思い中の男子高校生・青木(道枝)が、ひょんな出来事から硬派な井田(目黒)と三角関係となり、さらに、お調子者のあっくん(鈴木仁)の勘違いが交錯し、4人の恋が予想外の方向へと向かっていく異色のラブコメディ。

そんな同作の番組公式Twitterでは、10月4日から、青木、井田、橋下さん、あっくんと毎日1人ずつ順番に出演する「“消え恋”妄想シチュエーション動画」が公開されている。

「なぁなぁ!ノート貸して」「来週小テストらしいよ、頑張ろうな」など、まるで4人から話し掛けられている気分になれるこの動画に、青木&井田、橋下さん&あっくんがそれぞれペアになっているという仕掛けがあったことが判明。

スマホを2台並べて、青木と井田の動画を同時に再生すると、青木と井田が前後の席で会話しているシーンが完成。橋下さん&あっくんバージョンも同様に、2人の身長差も感じられるような胸キュンなやり取りが繰り広げられている。

■「消えた初恋」第1話あらすじ

とある高校で、担任の谷口先生(田辺誠一)がテストを配り始める中、消しゴムが見つからず焦った青木(道枝駿佑)は、親友・あっくん(鈴木仁)に借りようとするが、あっさり断られてしまう。すると、それを見ていた橋下さん(福本莉子)が笑顔で消しゴムを貸してくれる。

ひそかに橋下さんに片思い中の青木は、「やっぱり橋下さんは天使だ…」と感激。しかし、それも束の間、その消しゴムに「イダくん」と、井田(目黒蓮)の名前が書いてあることに気づいてショックを受け、「もしかして、これは好きな人の名前を書くとその恋が叶うというおまじないでは」と悩む。

瞬時に失恋したことを悟り、ガックリうなだれる青木だが、その消しゴムの文字をあろうことか井田本人に見られてしまう。井田に、「勘違いだ!」と否定したい青木だが、橋下さんの恋心を勝手にバラすわけにもいかず、とっさにその消しゴムは自分の物だとうそをつく。

勘違いが勘違いを呼ぶ中、よかれと思った行動や何気ない一言によってさらなるズレが生じ、恋も友情も予想外の方向へ。一生懸命だけどちょっとトンチンカン、そんな“尊い初恋”が始まる――。