窪田正孝が主演を務める「ラジエーションハウスII 〜放射線科の診断レポート〜」(毎週月曜夜9:00-9:54※第2話は夜9:00-10:09、フジテレビ系)の第2話が10月11日(月)に放送される。同ドラマは、現在「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名コミックが原作で、2019年4月期に放送された「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」の続編。

窪田演じる天才放射線技師・五十嵐唯織ら、医学界のルールや型にはまらない方法で病の原因を探り“視えない病”を見つけだす診断放射線技師たちの奮闘を描く。

また、前シリーズからの続投で、唯織がずっと思いを寄せる放射線科医・甘春杏役を本田翼、新人の頃はミスばかりだが、持ち前の努力で成長を遂げた若手放射線技師・広瀬裕乃役を広瀬アリス、脳のMRI検査が得意で、いじられキャラの中堅放射線技師・軒下吾郎役を浜野謙太が務める。

ほか、丸山智己、矢野聖人、山口紗弥加、遠藤憲一、鈴木伸之、浅野和之、和久井映見らも続投。さらに、唯織らが働く甘春総合病院の新院長で、病院の“合理化”を第一に考える灰島将人を高嶋政宏が演じる。

■第2話のあらすじ

唯織(窪田正孝)たちの元へ、陸上大会中にてんかん発作を起こして転倒し、頭部を強打したという12歳の小学生のCT検査依頼が入る。その小学生・速川走太(長野蒼大)は、共に陸上のオリンピック選手だった一郎(眞島秀和)と叶恵(入山法子)を両親に持ち、一つ下の妹・花恋(白鳥玉季)と共に数々の大会で優勝するなど、日本陸上界の未来を担う才能として注目されている選手だった。

走太は、てんかんの治療中で、以前から甘春総合病院の脳外科に通院していた。走太のCT画像を読影した杏(本田翼)は、薬物療法がうまくいかなくなっているため、外科手術を選択する可能性に言及する。そこで唯織は、少しでも治療の選択肢を増やすために、詳しい検査をしてはどうかと提案する。

同じころ、裕乃(広瀬アリス)は、庭木の手入れ中に転落したという患者・柳田哲平(きたろう)の検査を担当。だが、柳田は異常もないのに、いちいち大げさに騒ぎ立て、裕乃を困惑させる。裕乃は「世の中には、どうしても治したくても、治せない人だっているのに…」と、世の中の不条理に憤りを覚える。

――という物語が描かれる。

公式ホームページや第1話の終わりに流れた予告では、てんかん発作で倒れた走太の元に、一郎が駆け寄る様子や、ストレッチャーに乗った柳田が「死にたくない!」と裕乃に訴え掛けるシーンが。さらに、唯織の「告白?」という驚きの声とともに、「恋の歯車が動きだす」というテロップが表示され、新たな恋の始まりを予感させるシーンも映し出されている。

「ラジエーションハウスII」第2話は10月11日(月)夜9:00よりフジテレビ系で放送。

※高嶋政宏の高は「はしご高」が正式表記