10月13日(水)より、市原隼人主演のドラマ「おいしい給食 season2」(毎週水曜夜9:00-9:30ほか、tvkほか)の放送がスタートする。

同作は2019年10月クールに放送された作品の第2弾で、10月7日には都内で制作発表が行われ、市原をはじめ、共演者の土村芳、佐藤大志、勇翔(BOYS AND MEN)、山崎玲奈、監督の綾部真弥氏が登壇した。

共に給食マニアである教師の甘利田幸男(市原)と生徒の神野ゴウ(佐藤)のどちらが給食をおいしく食べるかという戦いを描いた学園コメディーである「おいしい給食」。シーズン2は前作から2年後、新しい中学に赴任していた甘利田の前に、かつての宿敵・神野が転校してくるというところから物語が始まる。

会見冒頭、市原は「正直、甘利田を見られるのは恥ずかしいです(笑)。でも、我々役者は笑われることが職業。給食が好き過ぎて、一生懸命生きている姿をぜひ見ていただきたいと思います」とあいさつ。

2年ぶりの続編に臨むにあたっては「普段そんなことはあまりないんですが、この作品に関してはキャラが強烈なので初日前日は全く寝られませんでした」という意外なエピソードも聞かせた。

続いて、学年主任の宗方早苗役として、シーズン2からこの作品に参加した土村は「少し緊張して現場に入りましたが、ひと言で言って本当に楽しかったです。早苗は若い年齢で学年主任になった真面目で責任感の強い人な一方、だからこそ危ういところもある人という部分を意識して演じました」と役作りについてコメント。

「市原さんが体を張って全力投球で演じられる姿に、つい笑ってしまってご迷惑をおかけしたこともありましたが(笑)、常に優しく導いていただけました」とも語った。

■綾部監督「マイ箸を用意している甘利田に注目です!」

前作に続いて、甘利田のライバル役となる生徒の神野を演じた佐藤は「また神野ゴウを演じられるとは思ってなかったので、うれしかったです。前回は緊張でいっぱいでしたが、今回は緊張の中にも安心感がありましたね。前作の2年後なので、監督から大人っぽく繊細に演じてと言われて意識しました」と語った。

体育教師の真野浩太役として、新キャストに加わる勇翔は「前作を見て、食への熱や楽しさが伝わったので、僕が加わってより良い作品にしないといけないプレッシャーはありましたが、楽しく演じられました。真野は分かりやすく言うとバカ(笑)。自分の気持ちに素直な愛されるバカです」とコメント。

また、前作で同じく体育教師役を演じたBOYS AND MENの辻本達規からは「身長も体形も似ていて『順当だな』と言われました」という。

学級委員の皆川佐和子役の山崎は新キャストに決まった感想を聞かれ、「オーディションの結果を聞いて、うれしいというより驚いて、マネージャーさんに『本当ですか?』と聞き返したくらいでした」と初々しく回答。

さらに「佐和子は学級委員でハキハキしていて、先生に物おじせずに何でも言う一方、中3の女の子っぽいという、思っていたよりもいろんな面があって、演じるのが難しいなと思いました」とも語った。

そして、綾部監督からは「甘利田がよりパワーアップして、駄菓子屋で買い食いまで覚えてしまいます。前作の最終回で初めてお米の給食が登場しましたが、今回はそれが増えたのに伴ってて、甘利田がマイ箸を用意しています」と見どころを聞かせた。

■土村「小学校の給食に理解できないメニューが…(笑)」

続いて、司会者から出演者たちに「給食の思い出」を質問。

勇翔は「給食が授業よりも楽しみでした。育ち盛りだったので、食パンを10枚くらい食べてて『おまえは食べ過ぎだから、もっと抑えろと怒られました」というエピソードを披露。

山崎は「私も給食の時間は大好きでしたけど、給食当番は嫌いでした。給食が飛び散ったエプロンを持って帰って、母親に洗濯をお願いするのが苦痛で…(笑)」と笑いながら回答。

土村は「小学校の給食に“小豆カボチャ”という、味付けされてなくて甘くないアンコとカボチャを似たものがあって、おやつと捉えたらいいのか、おかずと捉えたらいいのか分からないメニューで、一番理解できませんでした(笑)。あれがドラマに出てきたら、甘利田先生や神野くんならどう食べるんだろうなと思います」と語った。

佐藤は「お絵かきパンという、チョコペンがついてくるパンがあったんですけど、僕はチョコをそのまま吸うのが好きで(笑)。半分は描いて、半分は飲んでいました」と、神野さながらの独自の食べ方を告白。

対する市原も「とにかく給食が好きで、おかわりがしたくて誰よりも早く食べることに必死でした。牛乳じゃんけんも率先して前に出ていました。牛乳がそこまで好きかと言われると分からないんですけど、とにかく給食の時間を楽しみたかったんです」と、甘利田のように無邪気な様子を聞かせた。

また、会見終盤では、前作に引き続いて「season2」も映画化されることが発表。

市原は「この作品はテンションを上げないといけないので、毎日ほぼ寝ないで現場に行っていました。これほど早く見ていただきたい作品は久しぶりです。この作品は全ての方に贈るエールのような作品です」とアピール。

綾部監督も「前回の映画はコロナ禍が始まったころの公開で、舞台あいさつができなかったり、上映が途中でストップしたり、悔しい思いをしました。まだまだそんな状況は続いていますが、みんなでワイワイと給食を食べる姿を映画にする意味が増えたなと思っています」と語った。

ドラマ「おいしい給食season2」は10月13日(水)のtvkを皮切りに、TOKYO MX、BS12ほかで順次放送スタート。劇場版第2弾は2022年公開予定。


取材・文=青木孝司