清原果耶がヒロインを務める連続テレビ小説「おかえりモネ」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月〜金曜の振り返り)。10月8日放送の第105話では、百音(清原)の母・亜哉子(鈴木京香)が、誰にも言えず抱えてきた闇を家族に打ち明けた。名優陣が作り上げた“永浦家”のあたたかさに感動の声が上がった。(以下、ネタバレがあります)

今週は第21週「胸に秘めた思い」(第101〜105話/10月4日[月]〜8日[金])を放送。苦しい恋に悩む未知(蒔田彩珠)、家業を畳もうと思っている龍己(藤竜也)、突然の転勤話を喜びながらも家族のことが気になる耕治(内野聖陽)、心の傷を家族に打ち明ける決心をした亜哉子(鈴木京香)、と永浦家の人々の心の中が少しずつ垣間見える展開だった。

105話は、そんな1週間の締めくくり。答えのない問題を抱えた家族が茶の間に集まった。演じる俳優はいずれもベテランで、言葉にならない思いも繊細な動きや表情で画面に表現していく。

亜哉子は「あの日、震災の…あの夜。私、モネや未知のこと考えて、生徒たちを置いて学校を離れようとしました」と打ち明け、噛みしめるように「あの10分間が頭から離れなくて…私は、教師は続けられないと思いました」と口にした。

「でもあの頃、学校は本当に大変で…自分がつらくなっちゃっただけなのかもしれない。逃げたのかもしれない」。亜哉子がこらえきれず涙を流すと、耕治はその顔を見ず、手だけをそっと背中に手を当てた。

■「永浦家の歴史、すごく感じる」

百音にも折に触れアドバイスを与えてくれる祖父・龍己は、亡くなった妻・雅代(竹下景子)への思いをにじませた。

亜哉子が「本当、思い出すのは笑ってる顏ばっかり」と笑うと、龍己は「思い出すのが笑い顔だけなんて、それ…ファンタスティックじゃないか!」としゃれっ気たっぷりに応じて豪快に笑い、ふと雅代の遺影に目をやり「会いたくなっちゃったなぁ…」とつぶやいた。カラッと明るい笑顔からの「会いたくなっちゃったなぁ…」がじんわり沁みる。

亜哉子があかり(伊東蒼)に勉強を教える様子を微笑ましく見ていた耕治は、「とりあえず島の子どもたち集めて塾でもやってみたらどうだ」と提案。「子どもの笑う顔っていうのは、やっぱりいいもんだ。なぁ?」と、ちょっぴり遠慮がちに亜哉子に微笑みかけた。“民宿を再開したい”という亜哉子のふくらみかけた夢に反対してしまった耕治も、亜哉子の打ち明け話を聞いて思うところがあったのだろう。遠慮がちな照れ笑いに、耕治なりの誠意が浮かんでいた。

永浦家の大人たちのあたたかな人柄がわかるこの日の放送。視聴者からも「永浦家に俳優の魂を見たような気がする」「龍己さんも耕治さんも亜哉子さんもすごいし、本当に素敵。永浦家の歴史、すごく感じる」「家族のやりたいことをちゃんと見ていてくれるおじいちゃんが最高。『ファンタスティックじゃないか』ってかっこいい!」など、永浦家の俳優陣への賞賛の声が飛び交っていた。