10月10日(日)放送のSnow Manの冠番組「それSnow Manにやらせて下さい」(毎週日曜昼1:00-1:30※10日は昼1:00-1:57、TBS)は、レギュラー進出後初となる1時間スペシャル。ゲストに斎藤工が登場し「それSnow Manにやらせて下さい〜海鮮丼編〜」を放送する。


今回のスペシャルではSnow Manのメンバーによるプレゼン対決で、“No.1海鮮丼”を決定する。そのため、メンバーは3チームに分かれて日本を代表する“海鮮の街”へと出向く。

渡辺翔太・ラウールは沼津の「ぬまMAN」、岩本照・佐久間大介は三崎の「さきMAN」、阿部亮平・向井康二は銚子の「ちょうMAN」として、究極の海鮮丼を求めてロケを行う。店の選定から取材交渉まですべて自分たちで行わなくてはいけないルールのため、3チームはそれぞれ独自の方法を使って調査を進めていく。地元の方々の協力も得ながら、No.1海鮮丼を探し出す。

そして3チームがそれぞれ一番おいしいと思った海鮮丼をスタジオでプレゼン。ゲストの斎藤とメンバーの深澤辰哉、宮舘涼太、目黒蓮が実食して“No.1海鮮丼”を決める。斎藤は自宅で自ら作るというほどの海鮮丼好き。そんな斎藤の胃袋をつかむべく、3チームはそれぞれ選んできた自信の一品でプレゼンに対決に挑む。

スタジオには王道からひねりの効いたものまで、バラエティー豊かな3品が登場。ラウールは「今まで食べた中で一番だと確信」、岩本は「誰も味わったことのない海鮮丼」、阿部は「至極の海鮮丼」とそれぞれ自分たちが選んだ海鮮丼の魅力を全力でアピールする。

メンバーおすすめの海鮮丼を前に、斎藤は「食べなくても満足、ずっと見ていたい」と食べる前から大興奮。実食では「高級ベッドに飛び込んだみたい」と独特なコメントも飛び出し、そのおいしさに箸が止まらない。斎藤と共に審査する深澤も「こんな海鮮丼食べたことない!」とコメントし、宮舘と目黒も絶賛の嵐。

審査する4人が頭を悩ませるほど激戦となった今回の海鮮丼対決。「(審査は)舌と胃袋に委ねたい」という斎藤が選ぶNo.1海鮮丼に注目が集まる。

■斎藤工コメント

えりすぐりの海鮮丼で、すてきな“食の旅”を楽しませてもらいました。プレゼンも見事でしたし、紹介していただいた海鮮丼は全て、それを食べるためにその土地へ行きたいと思える一品でした。本当は誰にも教えたくないくらいです(笑)。

収録では全身全霊で「見ている人を楽しませよう」というSnow Manの皆さんの気持ちが伝わって来て、とても楽しかったです。9人それぞれに魅力があって、全員集まるとさらに最強になるSnow Manは、一つの“フルコース”みたいなグループだと思いました。まさに今日の海鮮丼みたいです(笑)。見ててくださる皆さんも、ぜひ一緒に“海鮮丼の旅”を楽しんでいただけたらと思います。