アニメ「テニスの王子様」初回放送からちょうど20年となる2021年10月10日に、アニメ20周年を記念したイベント「テニプリ 20th Anniversary Event -Future-」がTOKYO DOME CITY HALLで開催された。青春学園中等部のレギュラー陣を演じる皆川純子(越前リョーマ役)、置鮎龍太郎(手塚国光役)、近藤孝行(大石秀一郎役)、甲斐田ゆき(不二周助役)、津田健次郎(乾貞治役)、高橋広樹(菊丸英二役)、川本成(河村隆役)、小野坂昌也(桃城武役)、喜安浩平(海堂薫役)と、ゲストの永井幸子(幸村精市役)、新垣樽助(木手永四郎役)、第1期エンディングテーマを担当していたKIMERUらが登場した。

「テニスの王子様」は2001年10月10日よりアニメが放送開始し、2012年からは「ジャンプSQ.」(集英社)で連載中の「新テニスの王子様」のTVアニメ化ほか、イベント開催や劇場版の公開などを経て、長年多くのファンに支持されてきた。

■20年間の思い出を振り返り

イベントがスタートすると、メインモニターでアニメ「テニスの王子様」のこれまでを振り返るシーンの数々が映し出される中、歴代テーマソングを務めたKIMERUが登場。「Make You Free」「You got game?」のメドレーを披露し、開始早々、会場はペンライトの光と拍手で大盛り上がり!

そして皆川ら青学レギュラーメンバーを演じる9名と共に、永井、新垣が登場。オープニングのあいさつ後、メインモニターには「テニスの王子様」シリーズの20年間を振り返る年表が映し出され、ステージには「かわむらすし」のセットが運び込まれる。川本、小野坂が進行役となり、それぞれのキャラクターの初登場回やイベントでの思い出などを語った。

中でもアンケートの「アフレコで印象で残ったことは?」という質問では、当時の収録後に全員で立ち寄ったカフェの話や、原作者である許斐剛が主宰したテニス大会の話などで盛り上がった。

■諏訪部順一、細谷佳正、安元洋貴からメッセージ

続けて、出演者たちによる朗読パートへ。今回のために書き下ろされたオリジナル脚本で、置鮎演じる手塚がプロを目指してドイツへ旅立つ前のストーリーが披露された。笑いもありつつ切ない展開に、それまでの軽快な雰囲気から一変し、物語に吸い込まれるように集中した空気が会場を包んだ。さらに、置鮎、永井、新垣による部長トークコーナーでは、諏訪部順一(跡部景吾役)、細谷佳正(白石蔵ノ介役)、安元洋貴(平等院鳳凰役)からのビデオメッセージも公開。各キャラクターにまつわるエピソードや初アフレコ時の思い出などが明かされた。

青学レギュラーメンバーによるトークコーナーでTwitterで募集したファンからの質問に9人が回答。「もし同じクラスに自分が演じるキャラクターがいたら?」という質問に答えた際には、リョーマは勉強ができるのか?という話題に。皆川がリョーマは帰国子女であるため国語が苦手と回答し、周りに促されリョーマの声で「漢字書けない」と言うと、会場は笑いに包まれた。

乾、菊丸、河村、桃城、海堂によるユニット「キャップと瓶」のコントパートでは、小野坂演じる桃城の「今年こそキャップと瓶をブレークさせたい!」という言葉が。越前、手塚、大石、不二によるユニット「青酢」との扱いの差を主張して両グループのCDジャケットを比較したり、キャップと瓶のメンバーでお互いを褒め合う大喜利をしたりと白熱。その後青酢のメンバーも合流し、青学メンバー9人で20周年を記念した新曲「Now and Evermore」と、「We Love SEIGAKUーありがとうを込めて」が披露された。

■アンコールで「新テニスの王子様」10年ぶりのTVアニメ化を発表!

エンディングでは、ゲストのKIMERU、永井、新垣も登場し、全てのキャストがそろった。一言ずつコメントする中で、高橋は「ファンの皆さんと近い距離で会えたことを久々にうれしく思いました。今後とも青学をよろしくお願いします!」と語り、津田は「他の中学のみんなともまた一緒に何かできたら」と述べた。最後には皆川が「一番ちゃんと伝えたいことは、たった一言『ありがとうございます』という感謝の言葉です。みんながいてテニスの王子様は20周年を迎えることができました」と涙ながらにコメントし、イベント本編を締めくくった。

そして会場が暗転すると、客席からは自然とアンコールの手拍子が沸き起こり、キャストたちが再びステージへ。そこでTVアニメ新シリーズ「新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP」の放送決定が発表されると、会場のボルテージは急上昇! 全員でTVアニメ初代オープニングテーマである「future」を熱唱し、会場はさらなる盛り上がりを見せた。最後に、皆川の「20周年の今日、また新たな一歩を踏み出す今日になりました」という言葉と、置鮎による掛け声「テニプリ、ファイオー」で、新シリーズへの期待感と共にイベントは幕を閉じた。