10月11日(月)にスタートする、よるおびドラマ「この初恋はフィクションです」(毎週月〜木曜深夜0:40-0:55、TBS系※一部地域をのぞく)の制作発表会見が10月10日にリモートで行われ、主演の飯沼愛、坂東龍汰、窪塚愛流、武山瑠香、赤穂華、三浦涼菜、りゅうがが登壇。MCは、教師役で出演している東京03・飯塚悟志が務めた。会見では、それぞれ役どころや撮影現場で驚いたこと、作品の見どころなどを語った。

本作は、企画・原案を秋元康が担当し、脚本は「私の家政夫ナギサさん」(2020年、TBS系)などを手掛けた徳尾浩司が務める、オリジナルの青春群像ラブストーリー。高校が舞台の学園ドラマで、学校に来ない“不思議な転校生”の存在に振り回されながらも、次々と巻き起こる高校2年生のリアルな問題や悩み、出来事を中心に物語が展開していく。

主演を務めるのは、TBSスター育成プロジェクト「私が女優になる日_」で全国9000人の中から選ばれた10人による演技バトルで1位に輝いた飯沼。ドラマ初出演にして初主演を務め、そのほか主要キャストとして演技バトル上位者および特別枠として選出された武山、赤穂、三浦らも出演する。

■飯沼愛の元気な号令で会見がスタート!

高校が舞台のドラマということで、実際に撮影で使用している教室のセットに教師役の飯塚が登場し、学級委員・泉を演じる飯沼が元気よく「起立! 礼」と号令をかけてから会見がスタート。開始早々、緊張気味の生徒たちを見た飯塚が「大丈夫? (表情が)硬くない?」と心配し、「緊張とかしなくていいから!」と優しく場を和ませる場面も。

まず、それぞれの役どころを自己紹介形式で発表することに。主人公・倉科泉を演じる飯沼は「恋に奥手な学級委員長を演じます。今日はよろしくお願いします!」とコメントし、両手を“バンザイ”してカメラにアピール。
野島啓介を演じる坂東は「(野島は)クラスのムードメーカー的存在で、主人公の泉ちゃんに片思いをしている役です」と説明。それに対して飯塚が「それ言っちゃっていいの?」と質問すると、坂東が目を泳がせながらも「言っちゃっていんです! 大丈夫です、大丈夫! (HPの)相関図にも書いてあります」と慌て、現場でも“ムードメーカー的存在”である様子をのぞかせる。

また、野島の親友・田野来玖を演じる窪塚は「はい!」と大きく挙手をした後に「クラスのマスコット的存在で、みんなの“心の充電器”ー!」と手を大きく動かしながら力強くコメント。その後、顔を赤らめながら「危なかったです…」と本音を漏らすと、飯塚が「全然よかったと思います!」と教師さながらのフォローをする場面も見られた。

■生徒たちの自己紹介で飯塚の“愛のあるツッコミ”がさく裂!

泉の親友・谷田紗羽を演じる武山は「毎日おしゃれをバチバチに決めて学校に来ている役柄なので、いろいろな服が出てきます! (紗羽のファッションも)楽しんでください」と笑顔で説明。最年少の15歳である武山が話し終わると、現場では温かい拍手が巻き起こった。

続いて、陸上部のエース・浜井凛を演じる赤穂は「クールだけど恋愛には積極的という役どころです」とコメント。スムーズな説明を飯塚に褒められると「ありがとうございます」とはにかんで見せた。

また、三ノ輪萌子を演じる三浦は「“普通”なことがコンプレックスで、友達が大好きなんですがちょっと不器用な部分がある子です」と役柄を説明した。
松宮漣(まつみや・れん)を演じる現役大学生YouTuber・りゅうがは「早とちりな性格で、周囲を振り回すという役どころです!」とコメント。話している最中にかんでしまったと思い、焦ってやり直したりゅうがに「そんなに間違ってなかったわ!」と飯塚が優しくも愛のあるツッコミを披露する一幕も。

最後に、泉のクラスの担任・長谷部秀一を演じる飯塚が「常に生徒の皆さんからいじられているという先生ですね。いじられ、愛されっていう…」と役柄を説明していると、坂東が「そして、なめられ…」と追加し「なめられって嫌なんだよ! 薄々勘づいているんだよ!」と飯塚がツッコみ、しっかりと笑いに変えた。

■現場で驚いたことを問われ、真っ先に挙手したのは…?

会見に参加した生徒役7人のうち、坂東と窪塚をのぞく5人がドラマ初出演。飯塚が撮影で驚いたことを問いかけると、ドラマ出演経験のある坂東が挙手。飯塚が「君!? 初出演じゃないよね? (撮影で驚いたこと)ある?」と聞くと、坂東は「ないです」と即答し、飯塚が「この現場、思ったより大変だぞ!」と早くもタジタジに。

その後、りゅうがが「ドラマや映画といえば“カチンコ”(※撮影の合図をする拍子木)だと思うんですけど、このドラマの撮影現場では全く登場しないです!」と撮影現場の裏話を暴露。すぐに飯沼が「たまに(カチンコ)あります」と補足し、りゅうがが「僕だけでした!」とすぐに訂正するというリズミカルな掛け合いも見せた。

■現場で最も天然な人は“天然記念物級”!?

続いて、お題に最も当てはまる人を指さすという「指さしアンケート」を行うことに。最初のお題は「この中で最も天然な人」。飯塚の合図で指をさすと、武山に4票、赤穂、飯沼、窪塚に1票という結果になった。

一番人気の武山に投票した飯沼や坂東は「言わずもがなって感じです…“天然記念物”なんです!」と説明。武山は「そうなんですかね…?」と優しくほほ笑んで見せ、どこかマイペースな雰囲気を漂わせる。その後もせりふの言い間違えがあったことを明かされ、少し恥ずかしそうにしていた。

また、窪塚に投票したりゅうがは「物事を深く知ろうとしているのか、現場でもよく質問をしている」と、投票した理由を明かすと、「父から“聞くのは一瞬、知らぬは一生”みたいなことわざを言われて…」と窪塚がコメント。すぐに飯塚が「“聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥”かな」とフォローすると「そうです! だから分からないことはなんでも聞こうと思っているからです」と話し、窪塚の“意外な素顔”が明らかになった。

■オーディションで出会い、ドラマ撮影を経て見えた“ギャップ”

また、「この中で最もギャップのある人」というお題では、7人中5人が飯沼を指さすという結果に。理由について、三浦は「初めて会ったのは『私が女優になる日_』のオーディションなんですけど、当時は髪を結んでいてしっかりとした印象だったんです。でも今回のドラマ撮影で髪の毛を下ろしている姿を見たときに、優しい雰囲気になっていて“かわいらしい子だな”と思いました」と話すと、飯沼は少し照れた様子を見せた。

同じく飯沼に投票した武山も「(飯沼は)真面目で“THE優等生”っていうタイプの子だと思っていたんですが、意外とおちゃめで気さくに話しかけてくれたんです」と、ドラマ撮影を経て印象が変わったことを告白。

それに対し、飯沼は「たぶん(オーディションのときは)あんまり話していなかったんですよね…。お互いにいろんな思いがあって」と本音を語り、飯塚が「今は“みんなと戦わなきゃ!”みたいな気持ちがなくなって、(雰囲気が)ふわっとしたんでしょうね」とフォロー。すると飯沼が「何かが抜けていったんですかね?」と優しく笑い、オーディション当時の苦悩が垣間見せた。

■ドラマの見どころは“不思議な転校生”の存在

会見の終盤では、制作発表全体を通じて最もPRができた人物が誰かを審査し“MVP“を決めることに。飯塚の独断と偏見で決定したという“MVP”にはりゅうがが選ばれた。

終始場の空気を盛り上げたりゅうがは、泣く“振り”をしながら「この賞をいただけたこと、皆さまに感謝します」とコメントし、飯塚が「腹立つわ〜!」とツッコんだ。
最後に、ドラマの見どころを聞かれた飯沼は「このドラマの見どころは、不思議な転校生の正体が気になるようなストーリーになっているという部分です。なので、ぜひそういった部分を楽しんでいただけたらと思います」とアピール。

続いて、ドラマ内に登場するマスコットキャラクターをマイク代わりにしながら「祖父江くん(※不思議な転校生)は誰だと思いますか?」とかわいらしい笑顔で問い掛け、会見を締めくくった。