町田啓太と赤楚衛二が、10月13日(水)放送の「突然ですが占ってもいいですか?」(夜10:00-10:54、フジテレビ系)にゲスト出演。占い師のシウマが2人を占う。

琉球風水や身の回りの数字などから運気を判断し、開運に導くオリジナル占術・数意学で占う琉球風水志のシウマは、まず町田から占っていく。携帯電話下4桁の合計数字から導いた性格や本質を聞いた町田は、「こんな褒められる感じなんですか?」と戸惑いを見せると、赤楚に「(いいこと言われるのは)最初だけですよ!」と突っ込みを受ける。

その後、性格を占われた町田は「心当たりありまくりですね。汗かいてくるな…これ」と一言。一方の赤楚も、下4桁の合計数字から導いた性格や本質を聞き、喜びの表情を浮かべる。また、自身の幼少期を「“メルヘン”でした」と評した赤楚。モテ期の話では、中高時代の赤楚のモテエピソードが明かされる。その流れで赤楚の恋愛運を見ていくシウマ。惹かれる女性のタイプを占われた赤楚は「本当にそうなんです!」と納得する。

一方の町田は、聞きたかったという健康面について自ら質問すると、あるケガについてシウマに当てられ、「怖い、怖い、怖い、怖い…」と連呼。子供の頃に起こった身の毛もよだつ出来事について語る。続いて、赤楚の健康面も見ていくシウマ。不眠改善に悩んでいるという赤楚にシウマがある言葉をかける。最後に赤楚の結婚運をシウマが見ていき、結婚するベストなタイミングをアドバイスする。