現役看護師の新人グラビアアイドル・真田まことが、9月19日に埼玉・川越水上公園で行われた「フレッシュスペシャル大撮影会in川越プール」に参加。第2部終わりに実施したインタビューでは、プール撮影会デビューの感想や自身のチャームポイントについて、水着のお気に入りポイントなどを語ってもらった。

「Fresh!」は、東京・秋葉原を拠点に毎週末スタジオや屋外で開催されている撮影会。今後もさまざまなシチュエーションでの撮影イベントを多数開催予定だ。

――今回がプール撮影会デビューとのことですが、振り返っていかがですか?

あまりお客様が来てくださらないかなと思ったんですけど、いっぱい撮ってもらえてうれしかったです。でも、めちゃくちゃ緊張しましたし、今も緊張しています(笑)。

――撮影中の様子も見学しましたが、自然な笑顔ですてきでした。

ありがとうございます! 撮影会に向けて家の鏡で練習したり、表情筋をマッサージしたりしました(笑)。

――撮られている時はどんなことを考えてポージングしていましたか?

光の加減を見て、こっちの方がかわいいかな?とか…そういうことは意外と冷静に考えられました。見えないけど、カメラマンさんとレンズ越しに目が合っているんだと思って、しっかりレンズを見つめようと思いました。

――ポーズも自分で考えて?

そうですね。参加する前にいろいろなグラビアアイドルさんのSNSを見て、こうやって見せるんだな〜ってお勉強してきました。

――そんな中、ご自身のお気に入りのポーズは?

今日撮ってくださった方が指示してくれたんですけど、かがんで胸を寄せて足も見せる形がいいなって思いました。最初はどうしたらいいか分からなかったので、リクエストしていただいてありがたかったです。

――初めてだったら特にそういうことは言ってもらった方がやりやすいですもんね。

はい! あと、さっきは「言い画が撮れたので友達に紹介しておきます!」と言ってくれた方もいて、すごくうれしかったですね。

――もともとこういう芸能のお仕事に憧れがあったんですか?

漠然と表舞台に立ちたいっていう思いはあったんですけど、何もきっかけがなかったんです。でも、そういう話をいろいろな方にしていたら、たまたまお声掛けいただいて、活動するようになりました。

――言霊じゃないですけど、自分がやりたいことを周りに言うのは大事ですよね。

大事ですね。そこから広がることもあるんだなって思いました。

――実際に飛び込んでみて、今はどういう心境ですか?

今日もここに来るまで不安だったんですけど、いろいろな人の前に出てたくさん撮ってもらえて楽しかったので、もっともっと撮影会にも出てみたいなって思いました。

――フレッシュ撮影会に来られる方は優しい人も多いですよね。

そうですね。気を使ってほどよい距離から話してくださいますし、変なオーダーをされることもないですし(笑)。とても心地いい空気感です。

――水着のお気に入りポイントは?

1部は普段から着慣れた水着でした。撮影会デビューということもあったので、慣れた水着で臨もうと思って。2部は自分で選んだというより、水着を買いに行ったときに店員さんが「これいいんじゃないですか?」って言ってくれて選んだものです。

自分の好みだとかっこいい系を選びがちなんですけど、店員さんが選んでくれた水着はかわいい系でした。かわいい中にちょっとセクシーな部分もあったので、着てみたらいいかも!となって選びました(笑)。

そして3部目は攻めたデザインで、カッコイイ感じです。新鮮な重ね着っぽいデザインで、なかなか他にはない形が好きです。

――グラビアだと肌の露出も多いと思いますけど、ボディーラインを保つためにはどんなことをされていますか?

パーソナルジムに通い始めました。週に2回くらい行っていて、ジムに行った次の日は筋肉痛がきますね。今はお尻をきれいに作りたいので、ヒップトレーニングをメインでやっています! デッドリフトとかスクワットで臀部を鍛えています。

――ご自身のチャームポイント(武器)は?

そうですね。安易なんですけど…胸ですかね(笑)。胸と笑顔です!

――今後、具体的に思い描いている目標は?

歌が好きなので、歌ったりとか演技をしたり、積極的にしていきたいです。


◆聞き手=月山武桜