特別番組「ヒロシ・阿諏訪のキャンプJooGoo(じょーぐー)」が、11月3日(月)夜7:00から琉球朝日放送(QAB)で放送されることが決定した。

芸人、ヒロシと沖縄の化学反応が見たいというQAB琉球朝日放送番組プロデューサーの想いから、沖縄でのロケが実現。ソロキャンプブームの火付け役とも言われているヒロシと芸能人のソロキャンプ集団“焚火会”の仲間でもある芸人、うしろシティの阿諏訪泰義も出演。沖縄で見出すソロキャンプの魅力を放送する。

撮影が深夜まで及んだにも関わらず、撮影スタッフの一人が「このロケは楽しい!」と話すほど、ヒロシと阿諏訪のキャンプの様子に魅了された様子。番組もランタンの明かりや波の音がシネマ風に撮影され、ヒロシも天然の岩下に出来た日陰に寝ころび、沖縄の心地いい風を感じたり、焚火の燃料も流木やヤシの実と、その土地のものを使いキャンプを満喫していた。

今回、番組のテーマソングは、鹿児島県喜界島出身のシンガーソングライターAkiko Togoの「Open your eyes」に決定。喜界島の山頂から見た美しい景色の感動を歌にした楽曲となっている。

■出演者コメント

ヒロシ:もともと沖縄が好きでキャンプにハマる前から沖縄に来ていた。コロナでお預けされていたけど、波の音を聞いて、砂に足を付けて。久しぶりに良かった。思い出した。自分がしたいようにすればいい。僕が『これがキャンプ』と言うのは違う。僕らのキャンプはこうですというだけ。もうちょっと見せたかった。道具に思い入れもある。不完全燃焼(笑)。2回目も3回目もあるよね?そのためには、沖縄の方たちに(番組を)見てもらいたい(笑)。

阿諏訪泰義:(沖縄は)何度来ても最高。キャンプして感動するすべての要素がキレイ。朝日や夕日がきれいと感じる。星もすごいと毎回思う。
大人になると自然が好きになるんですね。なぜか(笑)。沖縄の人も、近くの自然がすごいと思うタイミングがあると思うので、是非キャンプにハマってほしい(笑)

■Akiko Togoのコメント
Akiko Togo:大好きな芸人さんであり、ソロキャンパーのヒロシさんの番組に私の曲を使っていただいて、すごくうれしいです。“Open your eyes”は私の故郷、喜界島で、山頂からの美しい景色を見た時の感動を歌にした楽曲で、自然に心が動かされるというのはキャンプも同じなのかなと思ったりして、そういう意味でもヒロシさんのキャンプの映像とこの曲の雰囲気がマッチしてくれたらいいなぁと思っています。