ゲーム「文豪とアルケミスト」を原作とした舞台の第4弾が、舞台「文豪とアルケミスト 捻クレ者ノ独唱(アリア)」として、2022年2月に東京・大阪で上演されることが決定した。

原作は、転生した文豪と共に“侵蝕者”から文学書を守りぬくことを目指す“文豪転生シミュレーションゲーム”。舞台版は2019年より3作が上演されてきた。

今回の第4弾では、徳田秋声役の赤澤遼太郎が主演を務め、尾崎紅葉役の玉城裕規、泉鏡花役の山崎晶吾、川端康成役の正木郁、里見弴役の澤邊寧央がシリーズ初登場。さらに、平野良(太宰治役)、小南光司(佐藤春夫役)、斉藤秀翼(国木田独歩役)も歴代作に続き出演を果たす。

10月25日(月)には、舞台第1弾から第4弾までの各作メインキャストが出演する特別番組が、“DMM動画”にて配信決定。さらに原作ゲームの5周年を記念して、特設サイトでは舞台第1弾〜第3弾の振り返り配信が行われる予定だ。

なお舞台「文豪とアルケミスト」シリーズは、2022年夏に第5弾が制作されることも決定。2022年、新たな文豪たちの物語が相次いでステージ上で綴られることとなる。

■舞台「文豪とアルケミスト 捻クレ者ノ独唱」あらすじ
文学作品を守るためにこの世に再び転生した文豪たち。
尾崎一門が奇跡的な再会を果たし、皆それぞれが懐かしさに浸る中、どこか戸惑いを隠せない様子の徳田秋声。
ある日、徳田の師である尾崎紅葉の作品『金色夜叉』が突如侵蝕される事態が起こる。
太宰治らの協力のもと無事作品に潜書し、侵蝕者にとどめを刺そうとするが――。

■なるせゆうせい(脚本)コメント
舞台「文豪とアルケミスト 綴リ人ノ輪唱(カノン)」の本番の頃、ワクチンもなく不要不急の外出自粛期間だった記憶があります。作品の中身そのものも、「その人にとっての不要不急とは何か?」を問いかける、ある意味、世界に抗った、そしてかつての文豪たちが我々物作りの端くれに憑依し、力を与えてくれたようなそんな作品だった気がします。またあれから月日は流れ、見える世界は変わりました。
文学も、演劇も、時代を経て、また新たなステージへと形を変わるものなんでしょう。
今回もまた、長い長いトンネルをくぐり抜け見えてきた景色を、この作品にぶつけたいと思ってます!
お楽しみに!

■吉谷晃太朗(演出)コメント
第三弾のあの終わり方は、もう文劇のファイナルとお思いになった方が多かったのではなかったかと思います。
実は私もそう思ってました。この世に文学がある限り文劇も何度でも甦る力を宿しているのです。
その力はあの世界に生きる文豪たちからもらった気がします。
しかし、第三弾までのシリーズは一旦終幕を迎えました。
シリーズ物という意識は捨て、新たな作品を作る公演にしたいと思います。
今を生きる我々は常に変化を求められているのです。
温故知新、日進月歩。それが文劇なのです。

■赤澤遼太郎(徳田秋声役)コメント
徳田秋声役赤澤遼太郎です!沢山の方々に愛される作品に携われてとても光栄です。
文学には作者の内面が色濃く現れる。現在、徳田秋声のいろんな作品に触れながら、このひねくれ者で天邪鬼という性格をどのように演じていこうかとワクワクしています!
個人的にはあの尾崎一門に会えるのが楽しみでたまりません!
原作で皆様に親しまれている徳田秋声を大切に、大事に務めさせていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします!

■平野良(太宰治役)コメント
文豪とアルケミスト、4回目となりました。前回の3作を踏まえるとシーズン2的な感覚です。
また新たな文豪たちがそれぞれの持つ文学や思考思想でもって物語を紡ぎます。
根底にあるのは文学、ひいては人間の性分や理性から生まれる折り重なる人生模様、それを様々な角度から照らし展開するこのシリーズならではの面白さが今作にも詰め込まれています。
文劇経験者の太宰が今回どんなふうに新たな文豪を支え、掻き乱すかは注目の一つだと思っています。
色は違えど同じキャンバス上に描かれる様な世界観、ストーリーをお楽しみいただける様がんばりたいと思います。

■玉城裕規(尾崎紅葉役)コメント
今回から参戦させて頂く尾崎紅葉役の玉城裕規です。
シリーズの作品に参加させて頂くプレッシャーはありますが、これまでに素晴らしいキャスト、スタッフさんで紡いできたモノを大切に自分らしく尾崎紅葉を演じ、作品を盛り上げていけるように精一杯努めたいと思います。
現代にもある師弟関係や先輩後輩の関係性からなるそれぞれの思いを、作品を通じてどう感じるのか、そして文学の魅力や深みを感じどう存在するのか、至極楽しみです。

■山﨑晶吾(泉鏡花役)コメント
舞台「文豪とアルケミスト」第4弾に泉鏡花役として出演させて頂きます、山﨑晶吾です。
先日、撮影日に物量が多く大変だと思いますが、期待しています!と背中を押して頂き、僕自身楽しみな気持ちでいっぱいです。沢山の方に愛されている作品に関われること、そしてまた、新たな歴史を知れる機会と出会えて幸せです。見に来てくださった方々の背中を少しでも押せるように、何かしらの感情を持って帰って頂けるように、しっかり役と向き合いたいと思います。
そして泉鏡花として舞台の上で生きられること、今から心より楽しみにしています。
是非、舞台「文豪とアルケミスト」の応援よろしくお願い致します。