長澤まさみ、東出昌大、小日向文世らが出演する映画「コンフィデンスマンJP」シリーズの第3弾で、2022年1月14日(金)に公開される映画「コンフィデンスマンJP 英雄編」のキャスト陣が解禁に。連続ドラマ時代からおなじみの赤星栄介役・江口洋介に加え、松重豊や角野卓造ら新キャストの出演が発表された。

同作は「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ、「リーガル・ハイ」シリーズなどを手掛けた脚本家・古沢良太による人気テレビドラマの劇場版第3弾。

美しきコンフィデンスウーマン・ダー子(長澤)、若きコンフィデンスマン・ボクちゃん(東出)、百戦錬磨のコンフィデンスマン・リチャード(小日向)の3人が、コンフィデンスマン=信用詐欺師となり、地中海に浮かぶ世界遺産の島“マルタ”の首都であるヴァレッタを舞台に、大人のだまし合いバトルを繰り広げる。

このほど、出演キャスト第1弾が解禁に。シリーズ屈指の人気キャラクター・赤星栄介役で江口が再登板。“日本のゴッドファーザー”と呼ばれ、毎回ダー子たちを陥れるべく画策しながらも、ことごとくしっぺ返しに遭ってきた赤星が、今度こそ一矢報いるべく参戦する。

また、松重がシリーズ初登場で、ダー子たちを追う、警視庁捜査二課の武骨な刑事・丹波を演じる。丹波は“ホシ”を挙げるためには手段を選ばない昔気質の刑事で、赤星に接近し、何かをたくらむ場面もあり、コンフィデンスマンたちを捕まえるために奔走する。さらに、伝説のコンフィデンスマン・“三代目ツチノコ”役として角野の出演も決定。

その他、悪徳芸能プロモーター:ホー・ナムシェン役の生瀬勝久、悪徳美術商・城ヶ崎善三役の石黒賢といった常連キャラクターも登場する他、梶原善、高嶋政宏らがストーリーを盛り上げるべく出演する。