山崎育三郎が、10月23日(土)放送の土曜プレミアム「ほんとにあった怖い話 2021特別編」(夜9:00-11:10、フジテレビ)で、シリーズ初出演にして主演を務めることが分かった。山崎は「事故物件A」という作品で、事故物件に住んでしまうサラリーマン・野々村陽介を演じる。

■「事故物件A」あらすじ

陽介(山崎)は、急な転勤を命じられ、あまり深く考えず安価で空いていたマンションに引っ越す。部屋の片付けを手伝う妹の良美(堀田真由)は、机の上に置いてあった“物件案内”をふと目にしてしまう。そこには“心理的瑕疵(しんりてきかし)あり”と書かれていた。

出社初日、慣れない仕事で疲れて帰ってきた陽介は、家に帰るとなぜか冷蔵庫の扉が開いていて、満タンだった麦茶のボトルの中身が半分に減っていることに気付く。その後、時計が何度戻しても落ちてしまい、壁にこの世ならざる人の顔のようなものを発見する。さらには、苦しくて眠れない夜に目を覚ますと、着物姿の女がおなかの上にたたずんでいたりと、次々に部屋の中で奇妙なことが起きる。心配した良美は陽介におはらいや浄霊を勧めるが、「今は仕事に慣れることが大事」と言い張って、あまり真に受けていない様子の陽介。しかしその夜、女の霊が現れる。

恐怖におののく陽介は、霊能力を持つという雑貨店の店主(山村紅葉)の力を借りて、浄霊をしてもらうことに。「その場しのぎに過ぎない。今すぐにでも引っ越さないと、最悪命を落とすことになる」と言われた陽介は、すぐさま引っ越しの準備を始めようとする。

■山崎育三郎コメント

――出演が決まった感想は?

数々の役者の皆さんが出演し、歴史ある「ほん怖」シリーズに参加できることをうれしく思いました。ホラー作品に携わる機会が少なかったので、未知なる世界にとてもワクワクしました。

――脚本を読んだ印象は?

子供の頃はホラー作品を見たり、怪談話をするのも大好きでしたが、歳を重ねてからはなぜか見るのも苦手になり、どこか遠ざけていました。なので、久しぶりにホラー作品を読んで怖くなり、途中何度も台本を閉じてしまいました。“事故物件”で次々と巻き起こる怪奇現象に震えて、現在一人暮らしじゃなくて本当に良かったと思いました。皆さんも物件を選ぶときに“心理的瑕疵あり”の文字には気をつけてくださいね。

――番組を楽しみにしているファンの皆様へメッセージをお願いします。

監督の森脇(智延)さんは、以前ドラマでご一緒させていただいて、森脇監督からは「初めて見る育三郎さんの姿だ」と言っていただきました。きっと皆さんも、いつもイメージしている僕とはまた違う一面を見ていただけると思いますので、そこも楽しみにしていただきたいです。そして、この作品はすごくリアルで「自分の家とか本当に大丈夫なのかな?」って思ってしまうようなストーリーになっているので、ぜひ楽しんでご覧いただけたらなと思います。