“最高級のメロンカップ”を武器に活躍するグラビアアイドル・草野綾が、9月23日に埼玉・川越水上公園にて開催された「フレッシュスペシャル大撮影会in川越プール」に出演。この日の撮影会終わりに草野を直撃し、プール撮影会の感想やチャームポイント(武器)について、そして今後の目標などを聞いた。

「Fresh!」は、東京・秋葉原を拠点に毎週末スタジオや屋外で開催されている撮影会。今後も趣向を凝らしたイベントを開催予定だ。

――撮影会を終えていかがですか?

完全に真夏の気候で、9月末なのにとっても暑かったです! 秋なので涼しく撮影できるかなって思っていたんですけど、汗を大量にかきながらみんなにお写真撮ってもらいました(笑)。あっと言う間の1日でしたね。

――1〜3部の間にはそれぞれ休憩時間がありますけど、その時間には何をされていることが多いですか?

休憩の時は次の出番に向けたヘアメークをして、控え室に戻ったらご飯を食べたり、お菓子をつまんだり、そしたらもうすぐ次の出番がきちゃう感じで、特に何かをしているわけではないです。あっという間なので、そんなにのんびりはできないですね。

――モデルさんによっては、休憩中にがっつりご飯を食べる人もいらっしゃるそうですが、草野さんはどうですか?

お弁当とか、頂いたものは3口とか…ちょっとだけ食べています。体に支障が出ないように…(笑)。食べ過ぎたら眠くなりますし、お弁当はほどほどにしてあとはチョコレートなどを食べて次に備えていますね。

――なるほど。そして皆さんポージングは結構全身運動で筋肉痛になるとおっしゃいますが、お体の具合はどうですか?

もう撮られている時から予感していましたけど、明日の朝は首が痛いのと、背中が筋肉痛になるでしょう。もうこれは確定ですね(笑)。

――結構な角度で振り向いたり、のけぞったりされていますもんね…!

大変なんですよ〜…! 個別撮影会とは違って、360°全方位から撮ってくれているので、こっちの人にも向かないといけないし、そうしてたら首が…痛過ぎますね(笑)。

――正面を見ているときとか、例えば反対方向のお尻側から撮られているな…って感じることもありますか?

そうですね! みんなそれぞれ自分のフェチによってカメラの角度やポジショニングを変えているので、ウチがおっぱいを強調するポーズにしたら、“おっぱい組”は正面に移動して、お尻とか足が好きな組は反対側に移動して…って、分かりやすく分かれます(笑)。

――撮る側としてはあまり意識していないですが、撮られる側からははっきりと動きが分かるものなんですね。

分かりますよ〜!(笑) ちょっとでも角度を変えたらその瞬間にカメラの角度も変わるんです。一人一人、しっかり見てますよ〜(笑)。

――なんということでしょう…(笑)。

だから、この方がきたら「あっ、これがいいんでしょ?」って、意識して変えたりします(笑)。

――至れり尽くせりありがとうございます(笑)。草野さんご自身的には得意なポーズはありますか?

「最高級のメロンカップ」と言っていただくので、胸を強調する前かがみのポーズが得意というか、多かったんですけど、最近はお尻や曲線そのものをほめてもらえることが多いので、振り返りのポーズが増えてきましたね。

――そのすてきなボディーラインをキープするために、日ごろからされていることは?

欠かせないのが、毎日の半身浴ですね。30分〜1時間くらいは絶対に入っています。あと、夜10時以降は絶対に食べない、というのを決めてて、小腹が空いちゃうんですけど、食べたらいかん!って思って我慢しています。

――それは毎日ですか? たまに許しちゃう日とかは…?

許しちゃう日もあるんですけど、それなら次の日は絶対に食べないとか、何かしら自分に喝を入れて調整しています!

――2日間でプラマイゼロみたいなことですね。

そうです! いっぱい食べた翌朝は納豆、キウイとか、お昼も豆腐系のヘルシーなものを食べています。油断するとすぐにお肉が付いちゃうんで。

――では、今回の水着のお気に入りポイントは?

割とシンプルな水着が好きなんです。3部の水着は無地でミントグリーンというか、こういう色ってなかなかないなって。結び目もかわいいので、それもお気に入りです。シンプルでも、ちょっとしたアクセントがあって良いですね。

――水着だったらビキニの方がお好みですか?

断然、王道の三角ビキニ派ですね。おうちにも王道の水着がいっぱいあります! 無地のもあるし、派手なヒョウ柄だったり、花柄だったりとか、いろいろな種類がありますね。

――皆さんに共通して聞いているんですけど、草野さんのチャームポイント(武器)は?

見た目では「最高級のメロンカップ」と言われるGカップ。でも、ファンの方から「綾ちゃんって本当に明るいよね」「ポジティブな感じがすごくいいね」ってよく言われるので、そういう明るい性格も武器なのかなと思っています。

――撮影会では、ファンの方とのコミュニケーションも活発になりますもんね。

私も人と話すのがすごく好きですし、ファンの方も面白いし、優しいし、ずっと笑ってしゃべっちゃいますね。仲のいいファンの方だったら、一通り回ってまた戻って来てくれたときに「おかえり〜」って言ってみたり(笑)。この空気感がめちゃくちゃ好きです。

――最後に、今後お仕事で挑戦したいことや目標はありますか?

ちょっと前に初めて週刊誌の表紙に載ったんですけど、定期的に表紙に載れるようになりたい。オフ会もやりたいし、グラビアで言ったら写真集も絶対出したいし、やりたいことはめちゃくちゃいっぱいあります。

デジタルもうれしいんですが、やっぱり一生手元に残りますし、紙で写真集を出したいです!


◆聞き手=月山武桜