米倉涼子主演「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系※第2話は夜9:00-10:04)の第2話が10月21日(木)に放送される。その放送に先駆け、予告動画と先行カットが公開された。

同ドラマは、病院組織で数々の騒動を巻き起こしながらも、外科医の本質である手術や治療を成し遂げるため、一切の妥協を許さず突き進む大門未知子(米倉)の姿を描いたシリーズ。2年ぶりの新作となる第7弾では、100年に1度のパンデミックで新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、未知子が新たな戦いへと身を投じる。

前シリーズから出演する内田有紀、遠藤憲一、勝村政信、岸部一徳、西田敏行、今田美桜らに加え、今シリーズでは未知子と対立する新キャラクターとして、野村萬斎、小籔千豊、杉田かおる、要潤、永野宗典らが出演する。

さらに、研修医役に宮本茉由、一ノ瀬颯、上川周作、そして西田が演じる蛭間の秘書役に結城モエら若手俳優たちも集結し、盛り上げる。

第2話のゲストには夏川結衣が登場。夏川は未知子にとって今シリーズ最強の敵である内科部長・蜂須賀(野村)や彼を敵視する外科分院長・蛭間(西田)の過去を知るクラブのママ・二木麻也子を演じる。

■スーパー脳外科医が登場!…第2話のあらすじ

院長代理として内科主導の組織改革を推し進める内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎)の独断で、「東帝大学病院」に雇われることになったフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)は、ワクチンも特効薬もない感染症にかかった患者を命懸けで救った末、自らも感染。

なんとか一命を取り留め、一刻も早く外科医として完全復帰すべく、ハードなリハビリで自分を追い込んでいた未知子だったが、努力もむなしく、一向に手術を担当させてもらなかった。そんな中、蜂須賀が怪しい動きを見せる。何を思ったか、アメリカ仕込みのスーパー脳外科医・興梠広(要潤)を「東帝大学病院」に招く。

一方、今や分院に追いやられ肩身の狭い思いをしている外科分院長・蛭間重勝(西田敏行)は、気晴らしのために、外科医・加地秀樹(勝村政信)と海老名敬(遠藤憲一)を連れて銀座のクラブへ向かう。ところが楽しい時間もつかの間、蛭間は昔なじみのママ・二木麻也子(夏川結衣)が不意によろけるのを目撃。長年懇意にしてきた彼女のため、すぐさま「東帝大学病院」の特別室を空けさせ、検査入院の手配を整える。

まもなく入院した麻也子の元へ、蜂須賀がやって来る。蜂須賀は外科にいた15年前からの顔見知りである麻也子のため、腕の立つ興梠を担当医に任命。興梠の検査結果分析を聞いた未知子は、もっと詳しく検査すべきと主張するが、蜂須賀は耳を貸そうともしない。

■興梠が未知子に感じた「運命」

10月14日に放送された第1話が2021年の全民放連続ドラマの初回視聴率で第1位を獲得(2021年10月19日時点)、さらにはツイッターで「#ドクターX」がトレンド入りするなど、その人気の高さを見せつけた。

公式ホームページで見ることができる予告動画では、蜂須賀(野村萬斎)と新たな刺客として現れた“ホワイトジャック”の異名を持つ興梠(要潤)が肘タッチする姿や因縁を持つ蜂須賀と蛭間の対立が激化しているシーンなどが公開された。

また、「未知子の壮絶な過去が明かされる」という文字や興梠が未知子に「こんな所でまた会えるなんて運命を感じるな〜」と告げるシーンでは、視聴者から「どんな過去があったの?」「未知子の過去はかなり壮絶そう…!」「未知子と興梠の関係って何!?」という声が上がった。


さらに、冷静に「オペ中にナンパ」とあきれたようにツッコミを入れる博美(内田有紀)の姿や華麗に新しい“御意ポーズ”を決める未知子の姿、そして晶(岸部一徳)と蛭間(西田敏行)が「パパイヤ〜」「なめとんのか」という掛け合いをするシーンも公開。思わず笑ってしまうちゃめっ気のあるシーンに「面白すぎるでしょ?(笑)」「吹き出したわ」「笑いのツボをくすぐられた」と絶賛する視聴者が続出した。