10月9日にスタートし、大きな反響を呼んだ西野七瀬主演「言霊荘」(毎週土曜夜11:00-11:30、テレビ朝日系)。その第2話が10月16日(土)夜11時より放送される。

同ドラマは、テレビ朝日がABEMAとタッグを組んで共同制作する。とある女性限定アパートで放った言葉が現実となり、「言霊」という“人ならざる者”に住人女性たちが次々と苛まれていくという、これまでにない類の恐怖が襲うスリリングな地上波初の「美しい禁断のホラードラマ」。

今回、女性限定アパート「レディスコート葉鳥」の2号室に住む都議会議員の私設秘書・丸山栞を演じる中村ゆりかにインタビューを実施。中村は、「痴情の接吻」「女子高生の無駄づかい」(どちらもテレビ朝日系)などの多くの作品に出演するほか、3月に発売された自身初となる写真集「Over the moon」(SDP)では自ら企画書を作成し、衣装やヘアメイクのアイデアを提案するなど幅広い活躍をしている。今回そんな中村に、演じるキャラクターや撮影現場の様子、さらにホラー体験などを聞いた。

■中村ゆりかが怖いと感じた演出とは?

――栞は強気で野心家の秘書という役どころですが、演じる上で意識されていることはありますか?

私自身、普段興奮したり楽しんだりする時に、誰にでも分かるようなリアクションを取ることがないので、今回こういった勝ち気で野心家なキャラクターの女性は、やりすぎるくらいがちょうどいいと思って演じるうえで意識したりしています。

役作りに対して参考にした作品やキャラクターはないですが、今回、監督から事前に栞の役柄のイメージについてのメモをいただいていたので、その内容を確認しながら自分の中のイメージとすり合わせながら栞というキャラクターを作りました。

――現場に入られて、演出の仕方や撮影セットで“ここが怖い”と感じた部分はありますか?

撮影に入る前は、私自身ホラーがちょっと苦手だったこともあり、(撮影セットは)怖いものが押し寄せてくるような物になるのかなと思っていた部分はありましたが、女性らしいかわいらしいセットもあって、想像していたよりは怖くなかったです。

女性限定アパートということで、ドアの立て付けだったり、色がピンクだったりもするので、そういったかわいらしい部分が、私のように「ホラーが怖い、苦手」という女性もかわいらしいなと思って見ていただけるのではないかなとも思いました。それと同時に、かわいい部分にホラーが加わったことで、生まれた大きなギャップを楽しんでほしいです。

一番怖いなと思ったのは、幽霊の演出です。見えているのか見えていないのかも分からない、そこにいるけどはっきりとは見えない演出が、まさにホラーらしい怖さだなと現場でひしひしと感じています。

■第2話の見どころを明かす

――同世代の女優さんたちが多くいらっしゃる現場ですが、皆さんから刺激を受けることなどありますか?

同世代の方が集まってお芝居する環境というのが久しぶりだったので、同世代が集まったからこそ出る空気感が新鮮でした。撮影初日に、それぞれが自分のキャラクターの立場やドラマ内での役割をしっかり自分に落とし込んでいるという雰囲気を感じたことが、すごく刺激になりました。

せっかちだったり、天真らんまんだったり、温厚だったりと確立されているキャラクターが存在する中で、自分はどういう立ち位置のキャラクターになろうかな?とさらに考えさせられたので、そういった点では同世代の方とお芝居させていただけることが楽しかったです。

――中村さんが実際に起きたゾクっとしたホラー体験はありますか?

最近のことを振り返ってみたのですがホラー体験はないですね…。ちょっとしたことでも腰が抜けてしまうくらい怖がりなので、怖いものに対して絶対に見ないように目を背けてきました。もしかしたら、気が付いてないだけかもしれませんけど(笑)。

――「レディスコート葉鳥」には、作詞家、秘書、アナウンサー、医師、小学校教師、雑誌編集者、動画配信者というさまざまな職業の女性たちがそろっていますが、中村さんがこの中でやってみたい職業を挙げるならどれですか?

それぞれ責任のある職業なので選ぶのは難しいですけど、強いて挙げるなら作詞家に興味があります。自分の言葉でその時々の感情や自分の年齢ごとに感じた状況などを日記のように書きためておけて、なおかつ、将来それを見返した時に「私、この時はこんなことを考えていたんだ、感じていたんだ」というふうに思い出せることができるので、作詞家は興味深いなと思いました。

――2021年も残り3カ月ですが、振り返ってどんな上半期でしたか?

ちょっと「言霊」にも通じる話なんですが、「アクションが好きです」という話を以前から現場のスタッフさんや取材の時に口に出していたんです。そういうのもあったからなのか、今年、アクションの話をいただくことができました。また、写真集なども初めて出すことができ、自分がやりたいと思ってきたことが実現できた上半期になりました。

――10月16日(土)放送の第2話は栞が見どころになる回だと思います。第2話の見どころと、栞の注目ポイントを教えてください。

2話は住人たちが恐怖に押し寄せられる緊迫した状況がさらにヒートアップし、結構ホラー要素は盛りだくさんだと思います。「記憶にありません」というせりふがあるんですけど、それを言ったことで負の連鎖が巻き起こってしまいます。謎の霊にどんなふうに栞が巻き込まれていくのかを楽しんで見ていただけたらうれしいです。