10月16日放送の「1億3000万人のSHOWチャンネル」(毎週土曜夜9:00-9:54、日本テレビ系) では、櫻井翔がゲストと共にカレー作りに挑戦した。番組内でゲストの加藤シゲアキが小説家としての悩みを、柳楽優弥が芸能界を離れていた頃の話を明かすシーンがあった。


■加藤シゲアキ、小説家としての悩みを告白

料理が得意ではない櫻井が名店の味を再現する企画を実施。ゲストに柳楽優弥、加藤シゲアキが登場し、柳楽は櫻井とともに料理をし、加藤は味見を担当する。

普段からよく料理をするという柳楽と加藤。柳楽は「お味噌にハマりまして」と自家製味噌を作っていることを明かし、櫻井は「お味噌男子!」と驚く。また加藤も「週10は料理してます」とほぼ自炊で、「包丁は10種類以上あります」とアピールする。

櫻井と柳楽は東京・神保町にある老舗中華料理店「北京亭」のカレーライス作りに挑む。以前、食べたことがあるという加藤は、「スパイスの香りがガツンと来たあとに、中華スープの深みが来るので、めちゃくちゃ米のすすむ誰でも好きなカレー」と紹介する。

2人が料理をする様子を見学しながら、直木賞候補に挙がった小説「オルタネート」を執筆した加藤は、小説家としての悩みを告白。「伝わらないんです、忙しいのが」と訴え、1年くらいかけて書いた作品を友人から「読みやすくて3日で読んだ」と言われると、思わず「早いな」と思ってしまうという。

■柳楽優弥の秘話、芸能界を離れていた頃はカーディーラーでアルバイト

また柳楽は一時、芸能界を離れて別の仕事をしていた時期のことを明かす。「カーディーラー」のアルバイトをしていたという柳楽は、当時の自分を「14歳から映画とかに出せてもらっていたので違う世界を知らなかった」と振り返り、別の仕事を経験することは「自分には必要な気がした」と話した。

一方、料理をする櫻井が、分量をきちんと量ることができないと、加藤は、出演するドラマで塾講師を演じることにかけ「ホントにダメな生徒だな」とコメント。だが、櫻井は「ダメだなって言うだけの先生、良くないよ」と言い、「何が良くないかをしっかり教えてくれる先生が良い先生」と反論した。

その後も料理に悪戦苦闘する櫻井。加藤は「こんなにいろんなところからスタッフの失笑が聞こえてくる番組、僕は初めてです」と苦笑いする。

■櫻井翔のカレーの意外にも高評価?

そんな中、何とかカレーが完成。最初に櫻井のカレーを試食した加藤は味自体は「甘めの美味しいカレー」と評価。だが櫻井は自分で食べて「辛っ」と言い、自身で「豆板醤エリアと、砂糖エリアと」と調味料が上手く混ざり切っていなかったことに気づく。

続いて柳楽の作ったものも試食。加藤は「正しい分量だとこういう味なんだ。甘くない」と櫻井との違いを指摘。櫻井自身も「全然違うな」と実感する。

結果、櫻井のカレーはシェフから50点と評価される。だが櫻井は「そんなに!」と予想以上の高得点に驚く。さらにその後、シェフが作ったカレーも試食。加藤は改めて「翔くんの50点って高くないですか?」と追及。櫻井も「俺も思う」と認めた。

次回の「1億3000万人のSHOWチャンネル」は10月23日(土)夜9:00より放送予定。ゲストにヒロミ、今田耕司、風間俊介らが登場する