10月16日放送の「まだアプデしてないの?」(毎週土曜昼3:30-4:00、テレビ朝日系)では、関西ジャニーズJr.のなにわ男子が大喜利に挑戦。回答の一つに芸人が考えた案が入っており、いかに自分の回答として答えるか演技力も試されるゲームで、長尾謙杜がファインプレーをみせる一幕があった。

今回は、アプデ検証ゲーム「なりすまし大喜利バラエティ力アプデしてないの?」と題して、デビューを1カ月後に控えるなにわ男子のバラエティ力をアップデートした。

なにわ男子メンバーから回答者の4人が大喜利を披露するのだが、事前に配られたカードの中には1枚だけ芸人が考えた回答が混ざっている。白紙のカードは本人の回答を、芸人カードを引いた人は自分が考えたかのうようになりすまして発表する。芸人チームにはニューヨークの嶋佐和也、屋敷裕政、アルコ&ピースの平子祐希、酒井健太の4人が顔をそろえ、なにわ男子と対決した。

1回戦はなにわ男子の大西流星、西畑大吾、長尾謙杜、高橋恭平が挑戦。一枚だけ平子が考えたカードが入っている。平子は「一人、笑いをこらえているんですよ」と自分の回答に笑いをこらえているメンバーがいると語ったものの、屋敷が「いま誰も笑ってなかった」と指摘。平子は「笑いをこらえてるんです(笑)」と強調し、「みなさん1個クリア、演技力素晴らしい!」となにわ男子の回答者を褒めていた。

一つ目のお題は『桃太郎に犬が「抜けさせてください」何があった?』。屋敷が「このメンバーで大喜利が得意な子はいる?」と大橋和也に聞くと「(大西)流星!流星がポンと面白いことを絶対言うから」とコメント。大西は「なんでハードル上げてるの?」「仲間うちでされても…」と困惑していた。

トップバッターに指名された大西は「『マルモのオキテ』続編とオーディションがかぶった」と回答。続いて西畑は「ワンちゃん大人やったんでしょうね」と前置きし、「きびだんご一つで鬼退治なのが割が合わないと感じたから」と回答した。

続いての長尾も「ずっと悩んでたんですけど…」と答えを出す前に語り、「バンドに本腰を入れようと決めた」と回答。屋敷は「これも平子さんぽい!」と予想。最後に高橋が「えー自分、『鬼のかくし子でした』」と回答すると、メンバーの大橋が手を叩いて笑っていた。

一つだけ答えを考えたはずだが「全員俺っぽい!」となにわ男子のクオリティを褒めた平子。嶋佐が「バンドって安易だよね」と指摘すると、屋敷が「お前さ、平子さんもなにわ男子も傷つけてる」とツッコミ。芸人たちが予想していくにつれて、だんだんと表情を曇らせた平子。芸人チームは、大西の回答が平子のなりすましだと予想した。

結果は、長尾の回答が平子のなりすましだった。屋敷は「マジか!やっぱなにわ男子すごいわ!」と長尾の演技力、なにわ男子の大喜利のクオリティを褒めていた。