今年の9月でデビュー4周年を迎えた、指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ・=LOVE(イコールラブ)。5月に発売した1stアルバム「全部、内緒。」がオリコン週間アルバムランキングで1位を獲得、8月に発売した9thシングル「ウィークエンドシトロン」では「MUSIC STATION」に初出演を果たすなど、今年に入ってから快進撃が続いている。

女性誌のモデルやバラエティ番組など、メンバーそれぞれが個性を生かして活躍している=LOVEのメンバー。その中でも、並々ならぬ“アニメ愛”を持つことで知られている野口衣織が、WEBザテレビジョンで「神セリフからアニメを語る」新たな切り口の連載を開始!(月1回更新予定)

記念すべき第1回目では連載スタート特別編として、アニメとの出会いやアニメに対する熱い想いを語ってもらった。

■「うた☆プリ」との出会いは、衝撃的でした(笑)

――アニメファンの間でも知られているほど、“アニメ好き”で有名な衣織さん。最初にアニメを好きになったキッカケは?

元々、小さい頃からアニメが好きだったんです。野球をやっていたお兄ちゃんに影響を受けて「メジャー」とか、週末の朝に放送されていた「プリティーリズム」、「FAIRY TAIL」、「ジュエルペット」とかを見てましたね。でもその頃はアニメ好きというより、放送していたアニメが面白かったから見ていた、という感じでした。

「2次元が好き!」「これから色んなアニメを見よう!」と思ったキッカケは、「うたの☆プリンスさまっ♪」(通称「うた☆プリ」)です。たしか、「Rの法則」(2011年〜2018年、NHK Eテレ)っていう番組の特集で主題歌の「マジLOVE1000%」が紹介されていて、それを見たときに1回聞いただけで曲を覚えちゃったんですよ。キャラクターは髪の色も目の色もカラフルだし、第一印象は「こんなキャラクターいるの!?」「なんだ、このグループは!?」って衝撃的だったんですが、いつの間にか虜に…。そして当時、既に1期の放送は終わっていたので、2期から見て完全にハマったという流れだったと思います。

――その後に見始めたアニメも、「うたの☆プリンスさまっ♪」系が多かったんですか?

そうですね。同じ路線でいうと、「薄桜鬼」や「ツキウタ。」、「DIABOLIK LOVERS」などを見ていました。私は元々、恋愛ゲームが大好きで、ガラケーで「誓いのキスは突然に」とかをやっていたんです。1人の女の子のことを色んなイケメンが好きっていう、恋愛ゲームの逆ハ―レム状態を自分に投影するのが楽しくて!「うたの☆プリンスさまっ♪」も恋愛ゲームから生まれたアニメだったので、沼だったのかなと(笑)。

「このキャラの、こんな部分を知っているのは私だけ」みたいな、特別な感情を持てるのが恋愛ゲームの好きなところなんですけど、アニメに関してもそういう新しい視点があることを「うた☆プリ」で初めて知ったので、そこが虜になった大きな理由だったのかもしれません。

■アニメ愛が重すぎて、純粋な“好き”を追い越してしまうんです(笑)

――他には、どんなアニメが好きなんですか?

「ラブライブ!」も大好きです!声優としてアニメで活躍されている方が、アニメの世界を飛び出して「μ's」(作中の架空アイドルグループから生まれた声優ユニット)としてステージで歌って踊る姿を見て、「歌って踊れる声優さんってこういうことなんだ!」って憧れて。=LOVEのオーディション募集要項にも「声優アイドル」って言葉があったからこそオーディションを受けましたし、今こうして=LOVEとして活動できているのはアニメがキッカケでもあります。

そもそも=LOVEのオーディションを見つけたのも、「うた☆プリ」を見て声優の谷山紀章さんを好きになり、谷山さんが代々木アニメーション学院を卒業されていると聞いて、学院について調べているときだったんですよね。「うた☆プリ」に出会ってなければ谷山紀章さんにも出会ってなかったし、谷山紀章さんに出会ってなければ代々木アニメーション学院にも出会ってなかったって考えると、すごい巡り合わせだなぁと思います。

――そんな衣織さんのアニメ愛は、現在も変わらずですか?

実は最近、ちゃんとアニメを見れてなくて。というのも、アニメが好きすぎて辛くなるんですよ!(笑)以前は「ハイキュー!!」や「ダイヤのA」、「黒子のバスケ」みたいな青春アニメが好きでよく見てたんですけど、そういうアニメって挫折する場面とか、先輩たちとの別れとか…悲しい出来事が多々あるじゃないですか。私はアニメを見ながら感情移入しすぎちゃうので、感情が揺さぶられて号泣する…っていうのが最近では少し辛くなったりもして(笑)。

そのせいか、感情移入しすぎる感動系アニメを避けるようになって、ほのぼのする日常系アニメを見ることが増えましたね。あんまり脳を使わず楽しめる感じの(笑)。それでも、やっぱりそういうアニメも面白いから…もう、アニメ好き!って気持ちが高まりすぎて、その気持ちが純粋な“好き”を追い越してしまうんです(笑)。アニメ愛が重すぎるんですよね(笑)。

だから最近はアニメと少し距離を取っていたんですけど、実際見たいアニメはたくさんあるので、この連載は改めて「アニメを見よう!」と勇気を出すキッカケになりました。ありがとうございます(笑)。

――ほのぼのする日常系のアニメで、オススメの作品は?

「生徒会役員共」と「女子高生の無駄づかい」の2作品は、頭を空っぽにして一切何も考えずに楽しむことができる最高の作品だと思っています!(笑)

辛いことがあったりとか「本当に今日嫌になっちゃう」って日も、「生徒会役員共」を見ると全てがどうでもよくなります(笑)。「こんなバカな人たちがいるんだ!」って思って、元気になっちゃうんですよね。ギャグアニメだからこそ届けられる笑顔の形だなって思いますし、本当に大好きな作品。下ネタが割と多めなのですが、嫌悪感がない方は是非見てほしいです!

「女子高生の無駄づかい」は、キラキラした可愛い女子高生というよりは、ちょっとお馬鹿で間抜けな女子高生の日常を描いた作品なんですが、見ながら「こういう子、クラスにいてほしかった〜!」って思います。2次元が好きなヲタクのキャラクターとかも出てきたりして、すごくリアルだし、自分が高校生だったときと重なる部分とかもあって面白い!

青春系アニメや感動系アニメは感情が揺さぶられすぎて、見た直後だけでなく一定期間、心が疲れたりもするんですよね。そういうときに、ほのぼの系アニメも見てほしい!心のより所というか、ふとしたときに見るみたいな見方もアリなんじゃないかなって思います。

■「はめフラ」は私の想像通りで、もう「ありがとうございます」という感じ(笑)

――感情移入しすぎてしまう衣織さんは、やっぱりアニメのセリフに心揺さぶられることも多いですか?

多いですね。青春系アニメであれば、青春のときにしか出てこない言葉だったり、今この瞬間を必死に生きている人にしか言えない言葉とかもあるじゃないですか。その言葉に勇気をもらったり感動したりっていうのは、よくあります。

あとは結構、作品とギャップに萌えることとかもあって。それこそ、気負わずに見られるほのぼの系アニメの中で、人として大事なことを教えてくれる一言が急に出てきたりとかするので、それがすごく心の中に残ったりすることもよくありますね。

――文字として読むのではなく、アニメのセリフとして聞くことで、増す魅力というのはありますか?

私は、異世界転生ものの小説とかを結構読むんです。例えば「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」(通称「はめフラ」)も、アニメ化の前から小説も漫画も読んでいたくらい大好きな作品で、小説や漫画は自分の中で想像する声で読んでいたんですけど、声優さんが演じるアニメを見ることで、改めてキャラクター像が形成されていった部分があるんですね。

例え想像していた声の雰囲気と違っていたとしても、「この雰囲気もアリ!」っていう感じで、新しいキャラクターの魅力を知ることができたというか。原作を知っているからこそ二度おいしいし、声優さんが息を吹き込んでくれることで、よりキャラが生き生きとするので「やっぱり声優さんってすごい!」と、この作品を見て感じました。

でも「はめフラ」に関しては、ほぼ私の想像通り!って感じでした。アラン役も、ジオルド役も「わかる〜!」「ありがとうございます!!」って思いました(笑)完全に声優さんリスペクトなので、最初は「この声優さんなんだ!」って意外に思うことはあっても、結局は「好き!!」ってなります(笑)。