大原櫻子主演のドラマParavi「つまり好きって言いたいんだけど、」(毎週水曜深夜0:30-1:00、テレビ東京系)で主人公・千歳(大原)が担当するブレーク寸前の注目俳優・藤代瀬那を櫻井海音が演じている。本作は円城寺マキの同名漫画をドラマ化。マネジャーと俳優のもどかしい恋模様を描くゴシップラブコメディー。WEBザテレビジョンでは櫻井にインタビューを実施し、役どころや大原の印象、櫻井自身がキュンとする女性像について聞いた。

■大原櫻子の相手役に「自分にこの役ができるのかという不安もありました」

――オファーが来た時の感想からお願いいたします。

連続ドラマの2番手をやらせてもらえるっていうこともすごくうれしかったです。もちろん、自分にこの役ができるのかという不安はありました。でも、台本や原作を読んでいくうちに、早く演じたい、早く撮影に臨みたいという今までにない高揚感がありました。撮影が始まっても、演じていても楽しいですし、櫻子さんとの掛け合いの中で吸収できる部分も多くあり、やりがいを感じています。

――本作は王道のラブコメだと思いますが、もともとラブコメにどんな印象を持っていたかお聞かせください。

お話をいただくまでは、少女漫画やラブコメを見たことがなかったんです。お話をいただいた時に初めて読ませていただいて、こんなにキュンキュンするものが面白いんだと気付いて、なんでもっと早く気付かなかったんだろうと後悔しました。

――演じやすかった点はどんなところでしょうか?

初めの方に瀬那が食レポをするシーンがあるんですが、そのシーンが結構、素の僕に近いお芝居でした。食レポをする機会があるので、そこで培った知識とかを生かすことができたと感じています。

――演じている瀬那はうそつきでポーカーフェイスですが、櫻井さんはうそをついたりするのは得意な方ですか?

僕自身、冗談を言うことはあってもうそをつくことがないんです。でも、こういう仕事をやっているのでうそはうまくないといけないかなと思いますね(笑)。

――瀬那は強がったり、自分の弱さを隠すためにうそをついたりしている人だと思いますが、櫻井さんは瀬那のキャラクターをどのように捉えましたか?

弱さから出るうそだと思うので、かわいらしいなと感じています。そんなところを千歳と出会うことで自分の弱さもさらけ出せるような人間になっていくところも見どころになっています。

――瀬那はうそを信じ込ませることが得意ですが、櫻井さんご自身はどんなことが得意ですか?

僕は空間把握能力が長けていると思います。一度行った場所とか、友達の家とかは地図を見ないで行けます。一回地図を見たら、だいたいのところは手ぶらでも行けちゃいます。

■「追いかけられるより追いかけたい」
――大原さん演じる千歳というキャラクターの印象をお聞かせください。

ピュアなんだけど、すごく芯があって強い女性だと思いました。もちろん、瀬那に振り回されるところもありますが、強い芯があるからこそ、俳優としての瀬那を支えたりできると思うので、内面はすごく強いのではないかと感じています。

――櫻井さんから見て、千歳というキャラクターのキュンとする部分はどんなところですか?

瀬那のうそつきの部分が千歳にもうつっているような気がして、後半では千歳が嫉妬し始めたりするんですが、「あ、そうですか」と嫉妬を隠したりする素振りをします。そこが僕はかわいいなと思いますね。

――ちなみに、櫻井さんがキュンとする女性のタイプはどんなタイプの女性ですか?

僕に興味がない女性がタイプです。追いかけられるよりは追っかけたいんです。それに、興味を持たれると冷めちゃうタイプなので、僕のことは興味なくて、テレビに出たりしても何にも見ない人がいいです。

――千歳役の大原櫻子さんの第一印象をお聞かせください。

丁寧な方だと思いました。5歳違う僕にも敬語で話してくださいましたし、最初は“海音さん”とさん付けで呼んでくれました。

――最初は海音さんと呼ばれていたとのことですが、今は呼び方が変わったんでしょうか。

今はかいちゃん、らこちゃんと呼び合っています (笑)。ドラマが始まって、打ち解けてきたころに、「いつまでも大原さん、海音さんだと距離があるよね」って話になって、「普段呼ばれているあだ名以外にしたい」という、らこちゃんからの提案でかいちゃんになりました。僕は初めてかいちゃんと呼ばれました(笑)。

――最後にドラマの見どころをお聞かせください。

焦れキュンの要素として、だんだん二人の距離が縮まっていくけど、お互いにすれ違っていって、嫉妬し合うけれども、気付いていないことがあるんです。そういう面はかわいいですし、好きって言いたいけど、言えない、言っても信じてもらえないみたいなもどかしいところが見どころになっていると思います。