10月19日、都内にて映画「シノノメ色の週末」(11月3日[金]公開)完成披露イベントが行われ、桜井玲香、岡崎紗絵、三戸なつめ、中井友望、工藤阿須加、穐山茉由監督が登壇した。

同作は、長編デビュー作「月極オトコトモダチ」が国内外で高い評価を受けた新鋭・穐山監督の長編商業映画初作品。会社員と映画監督という自身のダブルワークの経験を基に、社会で働く女性たちの心理を独自の目線から鋭く柔らかく、オリジナル脚本で描く。

取り壊されることが決まった母校・篠の目女子高校の校舎で、在りし日の思い出を辿るために、数年ぶりに集まったシノノメ女子元放送クラブの3人。

桜井が演じるのは、高校時代は読者モデルをしてイケてるグループの中にいた大月美玲。今はモデル事務所に所属するものの、仕事が順調に進まない役どころを担当する。

そして、放送クラブ部長で目立たない存在だったが、現在は広告代理店の子会社に勤め、あか抜けた「まりりん」こと一ノ宮まりを岡崎が、写真家を目指していたが挫折し、実家暮らしで教育関連のお堅い事務職をしている「アンディ」こと安東雅美を三戸が演じる。

さらに、美玲たちと同じく校舎に忍び込んでいた現役女子高生・あすかを中井が、まりりんが働く広告代理店の本社プランナー・上川を工藤が演じる。

昔の女子校生活を思い出しながら、互いに現在の不満をぶつけ合い、週末の度に何度も校舎を訪れるようになる。同作はそんな、大人になりきれない20代女子らの等身大の物語だ。

■桜井「高校生の後半は“乃木坂漬け”でした」

シノノメ色のコーディネートで登場した一同。桜井は「寒い中お越しいただきありがとうございます!」と笑顔を見せた。

イベントでは、作品にちなみ「どんな高校生だった?」という質問が投げられた。桜井は「美玲と同じ女子高出身ですが、彼女とは違って目立った女の子ではありませんでした」と告白。「高校2年生で乃木坂46に入ったので、その後は“乃木坂漬け”でした」と振り返った。

岡崎は「日々をいかにどう楽しむかを考えている学生でした」と回想。「イベントはもちろん、4時間目のチャイムが鳴ったらすぐに購買へ走り、人気の肉まんをゲットしていました」とおちゃめな一面を明かした。

三戸は「3年生になると食堂のソファが使えたので、そこを陣取って寝ていました」とマイペースなエピソードを披露。

そして、「部活に入っていなくて暇だったので、図書館の窓からサッカー部を見ていました」と明かした三戸に対し、部活三昧だったという工藤。「朝から晩まで部活をしていたので、食べても食べても太らなくて」と言い、朝から夜までの食事内容をこと細かに紹介し、会場からは笑いが漏れていた。

最後に桜井が「女の子3人の会話や空気感が、リアルな“女子高あるある”だと思うので、のぞき見していただけたら。そして、自分と向き合い、半歩でも前に進んでみようかなと思っていただけたらうれしいです」と話し、イベントを締めくくった。