芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を、弱冠 26 歳・新進気鋭の若手監督・首藤凜による脚本・監督、主演・山田杏奈で映画化した「ひらいて」が2021 年 10 月 22 日(金)より劇場公開。


■原作は文芸少女のバイブル
2012年に発表された小説「ひらいて」は、女性層からの支持が熱い綿矢作品らしく高校生の思いつめた恋心、暴走する想いを描き、人間の根源的な愛を問う文芸少女のバイブルとなった。
学校でも優等生でビジュアルも良く人気者の「愛」。恐れを知らない彼女の熱い恋心は、彼の「恋人」にまで向けられ、物語は三角関係だけにとどまらない方向へと進んでいく。
そんな本作は、エキセントリックでありながらも切実な純愛を描き、いかなる恋愛映画も及ばなかった境地に行き着く、青春映画の系譜を飛び越えた作品に仕上がった。

■発表されているキャストも話題の俳優ばかり
すでにキャストとして、人気者の少女・愛に、2019年の映画「小さな恋のうた」に出演、今年もすでに「准教授・高槻彰良の推察」(フジテレビ系)などのドラマに続々出演している“ネクストブレイクタレント”山田が演じる。
そんな彼女が思いを寄せる寡黙だが不思議な魅力を持つ少年・たとえにジャニーズ Jr.のグループ・HiHi Jetsのメンバーで、2019年に出演したドラマ「恋の病と野郎組」(BS日テレ) の続編が2022年に控える作間龍斗。
さらに病気がちで目立たないが密かにたとえと交際している少女・美雪にはデビュー以降、映画「東京喰種トーキョーグール」(2017年)、「サイレント・トーキョー」(2020年)や2019年NHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」など出演作が途切れることのない話題の女優・芋生悠が決定した。
そのほか山本浩司、河井青葉、木下あかり、板谷由夏、田中美佐子、萩原聖人など豪華キャストが発表されている。

■秘密の恋が明かされる場面写真が解禁
この度、作間龍斗演じる“たとえ”と、その“秘密の恋人”美雪を演じる芋生悠の新場面写真を解禁。
解禁された場面写真には、たとえへの手紙を大事そうに手にする美雪と、美雪からの手紙を読もうとしているたとえの姿が捉えられている。

中学 2 年生の頃から周りには明かさず、ひっそりと付き合ってきたたとえと美雪。そんな二人は、たとえが美雪にプレゼントしたガラスペンをきっかけに文通を始めた。朝早く誰よりも先に教室に向かい、たとえの机の中に手紙を忍ばせていた美雪。しかし、たとえに密かに恋心を寄せている愛が、ある日手紙を大事そうに読んでいるたとえの姿を見つけてしまい物語は誰も思いもよらなかった方向へと動き出す。

また、美雪を演じた芋生悠は本作の撮影中、自身の撮影が終わった後、皆が最後まで役に集中できるようにと共演者の山田や作間に「がんばってね。美雪より」と置手紙を残し、役さながらの優しい心遣いを見せ現場にエールを送っていた。

■あらすじ
高校3年生の愛(山田杏奈)は、成績優秀、明るくて校内では人気者。そんな彼女は、同じクラスの“たとえ”にずっと片思いをしている。彼はクラスでも目立たず、教室でもひっそりと過ごす地味なタイプの男子。だが寡黙さの中にある聡明さと、どことなく謎めいた影を持つたとえに、愛はずっと惹かれていた。
自分だけが彼の魅力を知っていると思っていた。しかし、彼が学校で誰かからの手紙を大事そうに読んでいる姿を偶然見てしまった事で事態は一変する。「たとえに、恋人がいるのではないかー」その疑惑がぬぐいきれず、愛はある夜、悪友たちと学校に忍び込み、その手紙を盗んでしまう。
手紙の差出人は、糖尿病の持病を抱える地味な少女・美雪。その時、愛は、初めてふたりが密かに付き合っていることを知るのだった。それが病気がちで目立たない美雪(芋生悠)だとわかった時、いいようのない悔しさと心が張り裂けそうな想いが彼女を動かしたー。「もう、爆発しそう」愛は美雪に近づいていく。