篠原涼子主演で、一線を越えた妻たちの姿描くNetflixオリジナルシリーズ「金魚妻」(2022年配信)に、岩田剛典、安藤政信、長谷川京子の出演が決定。さらにティーザー予告とティーザーアートも解禁された。

原作は黒澤Rの同名漫画。篠原は、事故をきっかけに夢を諦めて結婚したさくらを演じる。実は夫からのDV、モラハラに苦しんでいたさくらは、偶然立ち寄った金魚屋で運命的な出会いを果たす。そんな傷ついたさくらを優しく受け入れる春斗を岩田が、愛していたはずの妻をいつしか支配するようになった夫・卓弥を安藤、ある事情からさくらに挑むような態度を取るゆり葉に長谷川が扮する。

ドラマのタイトルになっている“金魚妻”以外にも、さまざまな“妻”が登場するティーザー予告の冒頭では、「不倫」という言葉に登場人物たちが色々な反応を示す。嫌悪や驚く表情を見せる彼女たちの中で、「不倫なんて考えられない」と笑顔で即座に否定するさくら。そして、そんな彼女に不敵な笑みを浮かべるゆり葉。彼女たちの見せる顔の裏側にある秘密にも注目だ。また、予告内でも印象的な水槽越しに目が合うさくらと春斗のカットがティーザーアートにも使用され、二人の切ない想いが伝わるビジュアルとなっている。
岩田は本作について「繊細な大人の恋愛ドラマだなと。それぞれの登場人物が持つコンプレックスを、男女のむき出しの人間模様と共に赤裸々に描いた内容になっています。不倫というセンシティブなテーマですが、男女の愛の在り方や家族の大切さも伝わる脚本だと思いました」と語る。

そして、「小さな町の金魚屋の店長である春斗は、過去の自分にコンプレックスを抱えている役柄。 さくらと出会い、お互いの関係性の構築に伴う衝突や偏見、厳しい道のりを乗り越えて成長していく様を表現できるように演じました」と振り返り、「この作品は個人的に、ご縁が重なり、出会うべくして出会った作品になったのかなという思いがあります。Netflixだからこその、攻めた大人の恋愛ドラマをお楽しみください」とアピールした。