10月22日(金)放送「人志松本の酒のツマミになる話」(毎週金曜夜9:58-10:52、フジテレビ系)のゲストに、内山理名、Hiro(MY FIRST STORY)、水谷隼、ゆうちゃみが登場。MCを務める松本人志と千鳥(大悟、ノブ)とともに、普段言えないような悩みや失敗談、心に秘めた本音を語り合う。


ノブは「この前、ある後輩芸人と雑談していたときに“ノブさん、口くさいですね!”と言われて…」と切り出し、そこから“恥ずかしいがタメになる指摘”の話題へ。

大悟やHiroがスタッフやファンから恥ずかしい指摘をされたエピソードを語る中、水谷は「アスリートのドーピング検査は抜き打ちで来る」といい、「一度来たら(検体を回収するまで)どこまででもついてくる」と語る。以前、水谷のおなかの調子が悪いときに検査員が来てしまい、とても恥ずかしい体験をしたことを明かすと、ゆうちゃみは「やだー!」と思わず口を押さえる。
■内山理名のスカウト秘話に一同仰天!
さらに、Hiroは「今の職業をご両親は賛成してくれましたか?」と問いかける。「僕は結構反対された」というHiroだが、幼い頃には父・森進一から“歌の英才教育”を受けていたことを明かして一同を驚かせる。

また、「私は反対されなかった」という内山は、ある意外な場所でスカウトを受けたことがきっかけで芸能界入りしたと語ると、ノブは「そんなスカウトあるんですか?」、松本は「すげえ!」と目を丸くする。さらにその後、「(事務所のスタッフに)“お台場に遊びにおいでよ”と言われて、行ってみたら…」と、ある驚きの体験をしたエピソードを語って笑いを誘う。

そのほか、水谷の“答えに困る質問”の話題や、内山が気になる“芸能人のお風呂事情”などの話題も飛び出す。