グローバルガールズグループデビュープロジェクト「Girls Planet 999:少女祭典」(毎週金曜夜8時20分、ABEMA SPECIAL 2チャンネルほか)の#11が、10月15日に日韓中同時、日本語字幕付きでABEMAで国内独占無料放送された。

99名だった参加者は26人にまで絞られ、ついにファイナルステージに立つ18名が視聴者投票によって決まった。「GirlsPlanet999」を含む番組関連のハッシュタグが世界トレンドに多くランクインするなど、世界中で大きな話題を巻き起こしている。

■思い出の曲に全集中!「O.O.Oミッション」

「Girls Planet 999:少女祭典」は、日(J)・韓(K)・中(C)の同じ夢を抱く99名が、地域を超えた仮想の世界「ガールズプラネット」で繰り広げる、夢に向けた旅路と成長過程を見せていくプロジェクト。#11は「O.O.Oミッション」が行われ、番組開始時から参加者99人で踊ってきたシグナルソング「O.O.O」を、9人と8人ずつに分けたチームで再び踊ることになった。

彼女たちは、TOP9と呼ばれる人気投票上位のメンバーが顔をそろえる「1チーム」、自信の無さから浮かない表情を浮かべる少女たちが多い「2チーム」、メンバーの特徴は“ビジュアルの良さ”と自称する明るさと元気が取り柄の「3チーム」に分かれて練習をした。

それぞれがファイナルステージに進みたい強い思いを抱えながら、自分のできることを一生懸命パフォーマンスに捧げて、3組は本番のステージに立った。すると、画面に突如、“プラネットガーディアン”と称される視聴者たちの映像が現れ、彼女たちを応援するメッセージやダンスが流れ、参加者たちは、応援の声のありがたみに目を潤ませた。最終ステージへの思いをさらに膨らませた少女たちであった。

番組開始から高い人気をキープする日本(J)グループの江崎ひかるは、「一番は自分のためにデビューしたいって思いが強かったんですけど、応援してくださっている方のために頑張りたいな、夢をかなえたいなっていう新しい気持ちが湧きました」とコメントしている。

■生放送のステージに立つ18名の生存者がついに決定

「「O.O.Oミッション」でベネフィットを獲得したのは、ヒュニン・バヒエ、ソ・ヨンウン、チェ・ユジンの3名で全員韓国(K)グループだった。18名の生存者を決める「第3回視聴者投票」において、ベネフィットの影響は大きいため、どんな結果になるかと彼女たちも緊張の表情を浮かべる中、いよいよ投票結果の発表。番組の進行役“プラネットマスター”ヨ・ジングから生存者の17名とプラネットパスで脱落者の中から復活した1名が発表された。

◆第3回視聴者投票順位 (10月15日の#11放送時点)
1位:シェン・シャオティン(C) 4,161,699票
2位:キム・ダヨン(K) 2,395,726票
3位:坂本 舞白(J) 2,314,788票
4位:江崎 ひかる(J) 2,185,083票
5位:チェ・ユジン(K) 1,747,716票
6位:川口 ゆりな(J) 1,692,862票
7位:野仲 紗奈(J) 1,621,602票
8位:フー・ヤーニン(C) 1,548,272票
9位:ソ・ヨンウン(K) 1,524,572票 
10位:スー・ルイチー(C) 1,369,169票
11位:キム・チェヒョン(K) 1,308,669票
12位:カン・イェソ(K) 1,248,877票
13位:ヒュニン・バヒエ(K) 1,238,862票
14位:ウェン・ヂャ(C) 1,121,791票
15位:キム・ボラ(K) 1,023,271票
16位:ファン・シンチャオ(C) 1,015,623票
17位:キム・スヨン(K) 989,381票
プラネットパス復活者:グイン・マヤ(K)

■最終ステージでいよいよデビュー組9名が決まる

1位のシェン・シャオティン(Cグループ)は、前回に続く連続首位。「プラネットガーディアンの皆さん、たくさん投票してくださり本当にありがとうございます。今回の生存式が最終ではないので、プラネットガーディアンの皆さん、私と一緒に私の夢を守ってくださったら嬉しいです」とさらなる飛躍を誓った。

全体で3位、日本人の中で1位を獲得した坂本舞白は「プラネットTOP9という座を守ることができたのは、プラネットガーディアンの皆さんのおかげです。ありがとうございます。私がこの番組に参加した当初は自信がありませんでした。でも、こんなに応援していただいて、今とても幸せです」と喜びの心境を明かした。日本人参加者の江崎ひかる、川口ゆりな、野仲紗奈を含む4名が生放送の最終ステージに立つことになる。

次回、10月22日(金)夜8時からいよいよ最終回。デビューする9名が決まる熱い生放送が、日韓中同時に放送される。