吉沢亮が主演を務める大河ドラマ「青天を衝け」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第32回「栄一、銀行を作る」が10月24日(日)に放送される。

同作は、新一万円札の顔としても注目され、“日本資本主義の父”と称される渋沢栄一が幕末から明治へ、近代日本のあるべき姿を追い続け、時代の渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも高い志を持って未来を切り開いていく姿を描く。

「青天を衝け」は、栄一(吉沢)が生まれ育った武蔵国・血洗島村と草なぎ剛演じる徳川慶喜が生きる江戸で物語が進行していたが、時代はついに明治へ。第32回からは実業<算盤>編と題し、栄一は明治新政府に辞表を提出。実業家として民間改革へ乗り出す。

栄一の幼なじみで生涯をともにする喜作を高良健吾が演じ、栄一の妻・千代を橋本愛が、娘のうたを小野莉奈演じる他、田辺誠一、和久井映見らが出演する。

また、実業家となった栄一を支える五代友厚をディーン・フジオカ、対立を深めてい行く三野村利左衛門をイッセー尾形、岩崎弥太郎を中村芝翫が演じる他、明治政府の人物として山崎育三郎、大倉孝二、福士誠治、今後栄一と深く関わる役どころに大島優子も出演。物語のストーリーテラーとして北大路欣也演じる徳川家康も引き続き登場する。

注目の第32回「栄一、銀行を作る」では――

栄一(吉沢)は明治政府を辞め、第一国立銀行の総監役として、新たな道を歩み始める。開業後、駆けつけた五代友厚(ディーン)は、“商いは化け物”、魑魅(ちみ)魍魎(もうりょう)が跋扈(ばっこ)していると栄一に助言する。

その頃、三菱を率いる岩崎弥太郎(芝翫)は、大蔵卿に就任した大隈重信(大倉)と結びつきを強め、海運業で急成長していた。そんな中、ゑい(和久井)が体調を崩し、東京の栄一のもとに身を寄せることに…。

――という物語が描かれる。

公式ホームページの予告動画では、栄一は官から民間へと転身し「日本の“バンク”の第一歩だ!」と第一国立銀行の総監役として意気込む。しかし、そんな栄一の前に三菱を率いる弥太郎の姿が。
開業後、駆け付けた五代は、商いの世界は「魑魅魍魎が跋扈している」と忠告する。

そんな中、栄一の“かっさま”ゑいが体調を崩し、東京へやって来る。千代(橋本)と子供たち、くに(仁村紗和)と暮らし始めた栄一に「近くにいるもんを、大事にするのを忘れてはいけねぇよ」と言葉を送る場面も。そして、栄一は「ありがとう」と涙を流す。