新作SFエンターテインメント映画「カオス・ウォーキング」が11月12日(金)に公開決定。そしてこの度、ストーリー本編の導入シーンが特別に解禁された。


■アメコミヒーロー×光の騎士×北欧の至宝
ガーディアン賞、カーネギー賞など、数々の名立たる文学賞を制するパトリック・ネスの傑作SF小説を映画化した本作。
監督は大ヒットメーカーのダグ・リーマン。主演は英国からハリウッドへ進出し、今や世界中から愛されている「スパイダーマン: ホームカミング」(2017年)から始まった“新”スパイダーマンシリーズのトム・ホランド。
共演には「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」レイ役でスターダムを駆け上がったデイジー・リドリー。
さらに「北欧の至宝」ともあだ名される21世紀を代表する名優マッツ・ミケルセン。
いたるところちりばめられた謎。そして“ノイズ”によって、頭の中の思考や想像が露わとなる面白さに加えて、生まれて初めて女子を見る青年を演じるトム・ホランドの初々しさ爆発の演技。謎と“ノイズ”、それに10代の瑞々しい感性がミックスされた新感覚のSF映画に仕上がっている。

■解禁された映像は…
今回解禁された映像は、ヴァイオラ(デイジー・リドリー)ら地球人を乗せた宇宙船が墜落するSF的醍醐味の詰まったワンシーン。
地球にうり二つの新世界<ニュー・ワールド>の大気圏突入まで37秒というところだが、新世界からの反応はない。「果たして地球からの入植者たちは生存しているのだろうか?」と疑問を投げかけるクルーたちの顔は期待と不安が混じった表情が見て取れる。
無重力空間を移動し、着陸態勢を整えるヴァイオラたち。大気圏突入時の温度は1649度。激しい火花と震動が機体全体を覆う。ところがそのとき突然、謎めいたオーブが機内に充満、それと同時にヴァイオラの耳には男性クルーの「おしまいだ!死ぬんだ!」「死ぬのが怖い」「逃げろ!」「なにが起きている!?」という声なき声が響き渡る。
異常な衝撃と異常な事態。船内はまさに“カオス”を極める。
そしてこのオーブこそ<ニュー・ワールド>にひしめく“ノイズ”という現象だった。

■ストーリー
西暦2257年、〈ニュー・ワールド〉。そこは、汚染した地球を旅立った人類がたどり着いた〈新天地〉のはずだった。だが、男たちは頭の中の考えや心の中の想いが、〈ノイズ〉としてさらけ出されるようになり、女は死に絶えてしまう。
この星
で生まれ、最も若い青年であるトッド(トム・ホランド)は、一度も女性を見たことがない。ある時、地球かやって来た宇宙船が墜落し、トッドはたった一人の生存者となったヴァイオラと出会い、ひと目で恋におちる。ヴァイオラを捕えて利用しようとする首長のプレンティ
ス(マッツ・ミケルセン)から、彼女を守ると決意するトッド。二人の逃避行の先々で、この星の驚愕の秘密が明らかになっていく。