米倉涼子主演のドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の第2話が10月21日に放送。未知子(米倉)と過去に面識のある外科医・興梠(要潤)が登場した中、シリーズ久々となる未知子のガムシロップ飲みと、“御意ポーズ”披露が注目された。(以下、ネタバレがあります)

■未知子の前に新たな刺客が登場

同作は、フリーランスの外科医・大門未知子が一切の妥協を許さず突き進む姿を描く人気シリーズの第7弾。内田有紀、岸部一徳、遠藤憲一、勝村政信、西田敏行や前シリーズから仲間入りした今田美桜などおなじみのメンバーに加え、未知子と対立する新キャラクターとして、野村萬斎、小籔千豊、杉田かおる、要潤らが出演する。

2年ぶりとなる新作は、100年に一度のパンデミックで感染治療と内科を最優先し、不要不急の外科手術は延期するという新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」が舞台。台頭する蜂須賀(野村)率いるメスを使わないケミカルサージェリーを推進する内科と、大門、そして別棟の分院へ追いやられた外科が対立していく。

第1話で未知子はワクチンも特効薬もない感染症、ラッサ熱にかかった患者の手術を1人で行い、自らも感染してしまうという衝撃のラストだった。第2話では、なんとか一命を取り留めた未知子が、外科医として復帰すべくハードなリハビリで自分を追い込む中、蜂須賀が招へいしたアメリカ仕込みのスーパー脳外科医・興梠がやって来た。

そんなとき、外科分院長・蛭間(西田)の昔なじみである銀座のママ・麻也子(夏川結衣)が入院。蜂須賀によって興梠が担当医に任命されるが、検査で重大な見落としをして、手術中に麻也子の容体が急変する展開となった。

■未知子がまさかの「御意」!?

検査結果から病状を見抜いていた未知子によって手術は無事に成功した。

そして「私には責任が取れない」と手術室を出て行ってしまった興梠が、アメリカ・ニューヨークの同じ病院で働き、コロナの感染拡大のさなかに逃げ出すように日本に帰国したことを思い出した未知子。「起こり得るリスクを事前に想定し回避しないのは、ただのバカです」と言う興梠に、未知子は「患者はね、逃げたくても逃げられないの。一人の外科医に命預けてんだよ!」と一喝した。

明らかになった未知子と興梠の過去。興梠が危機管理という名の元で逃げ出した中で、未知子は患者に向き合ってきた。東帝大学病院において外科と内科が対立する中で、外科医同士である未知子と興梠の対比も物語に深みを与えていくはずだ。

さて、本話では手術後に未知子がガムシロップを飲む場面が復活。SNSには「未知子が久々にガムシロ飲んだ」「ガムシロ描写、いかにもハードワークした後っぽくって好き」「これでこそドクターX」と本シリーズファンからの投稿が相次いだ。

また未知子を自分の懐刀としたい蜂須賀に「思う存分、手術の腕を振るってほしい」と言われ、目を輝かせた未知子。本シリーズで内科チームが見せるコロナ禍における飛沫の飛ばない“御意ポーズ”をしながら「いたします」と答えたことも話題に。

しかし、その直後に蜂須賀が肘タッチを求めると、「それはいたしません」ときっぱりと断り、いつもの忖度しない未知子らしさが痛快だった。

第3話は10月28日(木)に放送される。東帝大学病院の広報室長・蝶子(杉田かおる)と厚生労働事務次官・神戸(宮川一朗太)がそろって高級レストランから出てきたところを、写真週刊誌が激写。その会食をセッティングした蜂須賀は、事が大きくなる前に収拾するように命じる。その矢先、院内で記者に囲まれた蝶子が倒れ、偶然通りかかった未知子が処置室に運ぼうとするが、内科副部長・鍬形(小籔千豊)は「治療は内科であたる」と宣言する。

(文=ザテレビジョンドラマ部)